スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Oubliette

ハロウィーンをテーマにしたホラー系クエストといえば「Haunted House」がありましたが、第2弾(?)がこの「The Oubliette」です。
廃墟と化したかつての帝国刑務所にて、ひたすらダンジョンを突破するクエストが楽しめます。

日本語化はされていないようなので、Dialogue・Name・Script MessageBoxesを機械翻訳したものを意味が通じるように超訳してみました。
かなり適当に訳してますので、だいたいの意味がわかればいいや、という方のみDLしてCSでインポートしてみてください。
Quest Stagesは文章がないのでスルー。
本も訳してません。

The Oubliette Dialogue JP
The Oubliette Name JP
The Oubliette Script MessageBoxes JP


<クエスト開始条件>
Oblivion2053.jpg
「帝都」の「Talos Plaza District」にある「Tiber Septim Hotel」に行きます。

Oblivion2055.jpg
2階の天井にあるトラップドアから…。

Oblivion2054.jpg
3階を探ると、「Fort Feyirr」という廃墟と化した刑務所を描いた絵があります。
この絵をアクティベートすると「Fort Feyirr」がある島へワープします。

Oblivion2056.jpg
不気味な島へ。

Oblivion2058.jpg
奥へ進み、段差を下りると、「Soldier」の幽霊が出現します。自動的に会話になります。

Oblivion2059.jpg
話を聞いたら蓋から「Oubliette」の中へ。
幽霊が言う通り、一旦中に入ると最終地点にたどり着くまで出られなくなります。


<The Oubliette>
Oblivion2060.jpg
ダンジョン内に降り立った地点から、扉が半分開いてる部屋の壁の隅に貼り付けられている、「Imperial Prison Guard」の死体を探って、「Prison Guard Key」を入手します。

「Prison Guard Key」で「Iron Gate」を開けます。

Oblivion2061.jpg
巨大な吹き抜けホールに入ったら左へ。
現れる「Shadow Beast」と戦います。弱いです。

Oblivion2062.jpg
扉から「Basilica of Shadows」へ。
基本的にこのクエストは、「The Oubliette」と呼ばれる多階層のホールから、様々なエリアを進んでいく形になります。
通過するエリアは最後まで一本道で、サクサクと進んでいきます。


<Basilica of Shadows>
Oblivion2063.jpg
正面へ進んで扉へ。

Oblivion2064.jpg
教会内を進んで、扉から「Lost Catacomb of Karan'dengash」へ入ります。


<Lost Catacomb of Karan'dengash>
Oblivion2066.jpg
通路を進み、2匹の「Dark Minotaur Lord」を倒します。

中央の橋を渡り、扉から「The Oublitte」エリアに戻ります。
この「The Oublitte」エリアは、先ほど入った所とは柵で区切られた別の位置にあります。
こうして「The Oublitte」エリア内も進んでいきます。


<The Oubliette>
右へ進み、奥の扉から「Mess Hall」へ。


<Mess Hall>
Oblivion2068.jpg
通路に「Tattered Journal」という本が落ちています。

「Old Wooden Door」を開けまくり、奥へ。

扉から「The Pit」へ入ります。


<The Pit>
Oblivion2069.jpg
「The Pit」というエリア名通り、長い縦穴を下へ降りることになります。

途中の岩壁の穴に入って、扉から「The Wilds」へ。


<The Wilds>
Oblivion2070.jpg
突然自然の中へ。

Oblivion2071.jpg
北の方角へ進んでいくと、岩で囲まれた扉があります。
そこから「The Oubliette」に進みます。


<The Oubliette>
Oblivion2072.jpg
正面の吹き抜けの、格子が下がっている部分のヘリから、下の足場へ落ちます。

Oblivion2073.jpg
左端目掛けてストンと降りれば足場の上に着けます。
降りた足場から床へ上がって、南の扉から「The Exclave」へ。


<The Exclave>
Oblivion2074.jpg
部屋の中央の「Mysterious Painting」をアクティベートします。

Oblivion2075.jpg
メッセージが出たあと、不思議空間へワープします。
橋を渡って、奥のポータルから「Death's Domain」へ。


<Death's Domain>
Oblivion2076.jpg
多数の扉があり、それぞれに対応した扉へ出てしまいます。

Oblivion2077.jpg
部屋にはあのたまねぎ君が…。
たまねぎ君は放っておくとゾンビにやられて死んでしまいますが、ハロウィーンを祝う(?)メッセージが出ます。

Oblivion2079.jpg
ここはワープ地点から180度振り向いて左隅にある扉を抜けます。

Oblivion2080.jpg
マップではここ。

さらに奥の扉へ。

Oblivion2078.jpg
断頭台?の部屋も…。

Oblivion2081.jpg
真っ赤な部屋に出ます。さらにまたその奥の扉へ。

真っ赤な部屋が続きます。一番奥の扉から「Death's Abode」へ。


<Death's Abode>
Oblivion2082.jpg
その奥には…。

Oblivion2083.jpg
奥の玉座に「Death」がいるので話します。もう一度「Death」と話すと、挑戦を受けることになります。

Oblivion2182.jpg
「Death」を攻撃すると、戦闘になります。

Oblivion2183.jpg
勝つと、「Nox」という黒い剣を入手出来ます。

奥の扉から「The Oubliette」へ。


<The Oubliette>
入り口から左の一番奥へ。扉から「Crossing Halls」に入ります。


<Crossing Halls>
Oblivion2084.jpg
水溜まりに入ると格子が開きます。
「Old Wooden Door」を抜けて、奥の部屋へ。

Oblivion2085.jpg
扉には鍵が掛かっていますが、突如床に魔方陣と死体が出現します。
「Mortal Essence」をアクティベートして、ワープします。

Oblivion2086.jpg
ワープ後、行き止まりまで進むと巨大なドクロがある壁が出現。
通路を戻ると、別の道が出来ています。
奥の扉から「The Oubliette」へ進みます。


<The Oubliette>
Oblivion2087.jpg
左へ行き、扉から「Erehwon」へ。


<Erehwon>
Oblivion2088.jpg
狭い通路を進むと、迷路に入ります。

Oblivion2089.jpg
迷路を抜けて、水溜りにあるポータルからワープ。

さらにその先の水溜りのポータルから「The Oubliette」へとワープ。ここはメッセージボックスが出ます。


<The Oubliette>
道を進んで扉から「Tomb of Unrest」へ。


<Tomb of Unrest>
Oblivion2090.jpg
行き止まりの「Old Tomb」をアクティベートすると、道が出来ます。

Oblivion2091.jpg
道なりに進むと、扉が4つある通路へ。
ここはひとつひとつの扉の先に罠があり、クリアして鍵を入手していきます。

<Rush>
扉へ近づくと、扉が逃げていきます。すると背後に「Skeletal Demigod」が出るので、倒します。出てこないバグもあるようです。
倒すと、「Magicka」を回復出来る「Bleeding Stone」を入手出来ます。

扉の先の部屋の宝箱から、「Key of the Demigod」を入手します。


<Autumn>
通路の奥で「Pumpkin」を入手出来ますがそれはオマケ。

Oblivion2097.jpg
通路を戻ると、穴の上の板が壊れて穴に入れるようになります。板の上で動けば壊れるようです。
穴に落ちて、水路へ。
水路の「Wooden Door」をアクティベートすると、「Deadly Slaughterfish」が大量に出ます。
全部倒すと、「Wooden Door」が開きます。
奥の部屋に「Alter of Rejuvenation」があります。アクティベートすると、いろいろパワーアップ効果が付きます。

通路の「Wooden Door」を開けると、「Wraith」が出るので倒します。
すると壁に穴が開いているので、そこへ入ります。
奥の宝箱をアクティベートすると、「Gloom Wraith」出ます。
倒して、「Key of Autumn」を入手。
正面の壁に扉が出るので、「Tomb of Unrest」へ戻ります。


<Horde>
Oblivion2095.jpg
部屋に入ると大量にアンデッドクリーチャーが出るので、倒しまくります。

Oblivion2096.jpg
全部倒すと宝箱が出るので、「Key of Infection」を入手します。


<Terror>
通路を進むと、金縛りになるイベントが何度か発生します。

Oblivion2092.jpg
さらに奥の部屋へ進むと、周囲が炎に包まれてダメージを負っていきます。

ここはそのままダメージを食い、体力がゼロになるまで待ってください。

Oblivion2093.jpg
すると、牢獄へ裸でワープします。
牢獄にいる時間は短いので、吸血鬼キャラの人でも安心。

出口の鉄格子を開ける方法を3つの選択肢から選びます。
ここはキャラクターの能力にあった方法で開けるようです。
脳筋キャラの人は殴って開ける、という形です。

Oblivion2094.jpg
通路に出て進むと、自動で「Tomb of Unrest」へと戻ります。
自分の装備品と、「Key of the Inferno」を自動で入手します。

4つの鍵を入手すると、「Tomb of Unrest」の通路のそれまで謎のパワーで行けなかった横道の穴に入れるようになっているので、落ちて進みます。
Oblivion2098.jpg
「Wooden Door」を開けると、「Soperior Disorder」が出ます。倒すとメッセージが出ます。
死体を探って、「Key of Disorder」を入手。
奥の鍵のかかった扉を開けて、「The Oubliette」へ。


<The Oubliette>
Oblivion2099.jpg
通路のヘリのところに縄梯子があるので、アクティベートで下の階へ。

Oblivion2100.jpg
扉から「Restless Dreams」へ入ります。


<Restless Dreams>
Oblivion2101.jpg
女性の幽霊が現れて、床に飲み込まれるイベントが発生します。

通路の奥の部屋へ。

Oblivion2102.jpg
中央のドクロは自分の位置で回転するようになっています。
部屋の壁の一方は通れるようになっており、どくろを南方向へ向けると、その背後の壁が消えて通路が見えるようになります。
その壁を通り抜けます(壁が消えてなくても通り抜けられます)。

通路にいる幽霊と接触すると、暗く狭い部屋へワープします。
しばらくするとすぐにまたワープして、通路へ出ます。

Oblivion2103.jpg
通路の奥の部屋に入ると、小さな蜘蛛女が群がるイベントになります。
しばらくすると、床へ沈んでいき、下の通路へ出ます。

Oblivion2104.jpg
すると一旦、殺人現場へとワープし、すぐにまた通路へワープします。

通路を進むと女性の幽霊が現れ、壁に連れ去られるイベントが発生。

奥まで進むと行き止まりの部屋へ。骸骨が襲ってきます。

Oblivion2105.jpg
ここは壁の一方に松明がない場所があるので、そこを通ると奥へ入れます。

Oblivion2106.jpg
奥にあるスイッチをいれ、部屋に戻って天井から差している光に触れると、ワープします。

ワープ先の部屋の中で、「Adriana」という女性と会話します。

Oblivion2107.jpg
頼みを引き受けるとゾンビが来るので倒します。しかし、何度倒してもゾンビが襲ってきます。
ここは「Adriana」との会話選択肢の結果で、次の部屋へワープします。

Oblivion2108.jpg
先ほど幻?を見た部屋へ。「Adriana」が「Canyrin」という黒い男を倒すイベントになります。
この部屋にはベッドもあるので、ここで寝ることも出来ます。

扉から「The Oubliette」へ。


<The Oubliette>
Oblivion2109.jpg
通路にある椅子の上から、メモと「Gate Guard Key」を取ります。

Oblivion2110.jpg
この先へ進むには、柵が外れているヘリの所から、吊り下げられている檻の上に飛び移ります。
かなり強引なのですがこれが多分正解?

Oblivion2111.jpg
檻の上から次のエリアの床へ。
扉を開けて、「Halls of Namira」へ入ります。


<Halls of Namira>
Oblivion2112.jpg
ここは死体が転がる不気味な通路。

Oblivion2113.jpg
通路の奥へ進み(落石注意)、下へ通じる蓋から下の階へ。

Oblivion2114.jpg
敵を倒します。

Oblivion2115.jpg
「Brutus」のベッドから、メモと「Brutus's Guard Key」を入手します。

Oblivion2116.jpg
部屋の隅の梯子で上へ戻ります。

Oblivion2117.jpg
この場所から見える下の階へと降り、扉を開けます。

Oblivion2118.jpg
部屋が鉄格子で塞がっていますが、左右のプッシュボタンを押すと、鉄格子が上がります。

Oblivion2119.jpg
部屋にいる処理落ち上等の大量のスケルトンを倒します。

この部屋にある4つの宝箱から、「Broken Key」、「Golden Key」、「A Pretty Key」、「A Wooden Key」を入手します。
各宝箱前の鉄格子はアクティベートで開きます。

さらに左右の奥の壁に「Ancient Portcullis」という鉄格子が下がっています。これもアクティベートで動きます。

Oblivion2120.jpg
その一方に「Cyril」の亡骸があります。
「Main Hall Guard Note」と「Cyril's Guard Key」を入手。

中央の「Old Wooden Door」へ。「Cyril's Guard Key」で開けられます。

Oblivion2121.jpg
通路の穴から落ちます。

Oblivion2122.jpg
ここは敵が大量にいますので倒しまくります。

Oblivion2123.jpg
レアな武器を持った敵も登場。

Oblivion2124.jpg
「Undead Arch Elven Lord」も。

螺旋状の通路を進んで、扉から「Vaermine's Halls of the Corrupted」へ。
この扉も「Cyril's Guard Key」で開きます。


<Vaermine's Halls of the Corrupted>
通路を道なりに進みます。

Oblivion2127.jpg
通路の途中に「Corbin」の亡骸が倒れています。そのすぐそばに、メモと「Corbin's Guard Key」があります。

通路を奥へ進み、「Molage Bal's Chamber of Souls」へ。


<Molage Bal's Chamber of Souls>
Oblivion2128.jpg
部屋に「Evan」の亡骸があります。そのそばに「Key to Escape」があります。

Oblivion2129.jpg
通路を通って檻が下がっている部屋へ。奥の扉から「The Oubliette」へ進みます。


<The Oubliette>
扉から「Resting Room」へ入ります。


<Resting Room>
部屋に入ると倒れてしまいます。
起き上がると、部屋がめちゃめちゃになっていてベッドが使えなくなってしまいます。

扉から「The Strange Halls」へ。


<The Strange Halls>
このエリアでは、松明が一時的に消えたりします。
道なりに進んで、扉から「The Chaos Temple」へ。


<The Chaos Temple>
Oblivion2131.jpg
通路から下の部屋の床に下ります。

Oblivion2132.jpg
すると、ゾンビが起き上がってきます。このゾンビはかなり強いので注意。

Oblivion2133.jpg
こんなジョーク?も…。

次の部屋では、高所から弓を装備した吸血鬼が襲ってきます。かなりうっとおしいです。

奥の部屋に入り、トラップドアから「The Chaos Crypts」へ。


<The Chaos Crypts>
柱のまわりを回っている「Gold Orb Key」と「Blue Orb Key」を取ります。

この墓所は棺を覗くと、その棺に眠っている者の幽霊が出現して襲ってきます。

Oblivion2134.jpg
右の通路の奥の行き止まりへ行くと、道が開けます。
進んで行って右の道を行くと、板を敷かれた穴があり、上を一度通ると板が割れて穴に入れるようになります。
しかし、この穴に入っても進んでいける道がないので、結局元の通路に戻ることになったりします。

Oblivion2136.jpg
緑に輝く珍しい敵がいたりはしますが…。

Oblivion2135.jpg
金色の扉から、「The Chaos Temple」へ。


<The Chaos Temple>
Oblivion2137.jpg
青く輝く扉へ。

Oblivion2138.jpg
闘技場へ出ます。

Oblivion2139.jpg
とんでもない数のゾンビと戦うことになります。

Oblivion2140.jpg
しばらく戦っていると突然「Resting Room」へワープします。

扉から「The Oubliette」へ進みます。


<The Oubliette>
先の扉から「Lost Ayleid Chambers」へ。


<Lost Ayleid Chambers>
Oblivion2141.jpg
「Bloody Spider」を倒しながら進みます。

Oblivion2142.jpg
通路の奥まで進み、水没した部分にある「Odd Stone」をアクティベート。

Oblivion2143.jpg
マップではこの位置。
ここでは何も起こりませんが、「Lost Ayleid Chambers」のスタート地点に戻って扉に入ると、別のところへ行けるようになります。
「The Oubillette」へ。


<The Oubliette>
Oblivion2144.jpg
ここは柵がないヘリの部分から、天井から下がっている足場へジャンプして飛びます。
かなり強引ですが多分これが正解なのかと。

Oblivion2145.jpg
相当難しいですが、足場の天井へジャンプする感じで飛べばなんとか着地出来ます。

足場から通路にジャンプで移動して、扉から「Solitary」へ。


<Solitary>
牢に「Goblin Prisoner」が入れられています。ひとつでも「Gate」を開放すると、全部の「Gate」が開きます。
「Goblin Prisoner」とは戦闘になります。

すぐに扉があるので、「The Oubliette」へ進みます。


<The Oubliette>
机の上に「Scrawled Parchment」があります。

扉から「Broken Dreams」へ。


<Broken Dreams>
まず、入ってすぐ右の「Gate」へ。

Oblivion2146.jpg
異様な雰囲気を通路を進むと…。

Oblivion2148.jpg
この墓所は「Haunted House」を思い起こさせますね。

Oblivion2147.jpg
ここには「Pumpkin Head」と「Pumpkin mage」がいます。
戦って倒すと、通路の途中の壁が開いて新たな通路が出現します。

Oblivion2152.jpg
新たな通路を進むと、一番奥に「Bone's Key」があります。
取ると、針天井が下りてくるので注意。

Oblivion2149.jpg
最初の通路に戻って、今度は左の「Gate」へ。

Oblivion2150.jpg
敵がなかなかやっかい。

Oblivion2151.jpg
「Bone's Key」を持っていて「Sealed Portal」をアクティベートすると、壁が開きます。

Oblivion2153.jpg
中へ入って「Dread Alter」をアクティベート。
「Skeleton」、「Groom Wraith」、「Nether Lich」と順番に倒すと、壁が開きます。

Oblivion2154.jpg
壁に開いた穴に入り、回転する細い洞窟を抜けます。

Oblivion2155.jpg
溶岩の池に出ます。ジャプして渡ると、スケルトンが大量に湧くので始末します。

Oblivion2156.jpg
傾いている像の台座に「Jewelry Box」があり、その中に「Skull Key」があります。

入り口付近の扉から「Lost Soul Glade」へ。


<Lost Soul Glade>
Oblivion2157.jpg
敵を倒して釣り橋を進みます。

Oblivion2158.jpg
城の門前に行くと跳ね橋が下ります。

Oblivion2159.jpg
門内へ入り扉前に行くと、スケルトンが大量に湧きます。

Oblivion2160.jpg
「Skeleton Gatekeeper」を倒して「Castle Key」を入手。
門に入って、「Ghost Chambers」へ。


<Ghost Chambers>
部屋に入ると大量にスケルトンが湧くので倒します。

Oblivion2161.jpg
「Alawyn」という幽霊も現れます。

Oblivion2162.jpg
奥へ進むと、「Pumpkin Head」と「Bone Head Mage」が出ます。

Oblivion2163.jpg
中央の2枚の「Gate」は「Ghostly Chambers」、「Bloodstone Grotto」へ行かないと開きません。

左の階段を昇って、扉から「Ghostly Chambers」へ。


<Ghostly Chambers>
Oblivion2164.jpg
プレイヤーキャラは塔を前にして宙に浮かんでいます。
少し動くと、下へまっ逆さまに落ちて「The Dungeon」へワープします。

鍵が掛かっていない方の扉を開け、中へ。
「Movable Pillar」があるのでアクティベート。壁が開きます。

通路の奥へ入り、途中の柱にあるレバーを引きます。
開いた扉に入り、通路を奥まで進むと画面が一瞬赤くなります。
すると通路が行き止まりになるので、少し戻って壁が開いている通路へ。
奥の「Coffin」から「Coffin key」を取ります。

「Braced Door」を開け、部屋で「Bone head Mage」を倒します。
棚にある「Jewelry Box」から「Keep Key」を取ります。

Oblivion2165.jpg
通路を戻り、「Keep Door」を開け、食堂で大量に湧くスケルトンを倒します。

Oblivion2166.jpg
そこから奥の部屋へ入り、祭壇の「Beating Heart」をアクティベート。
「Ghostly Chambers」へと戻ります。

右の階段の「Bloodstone Grotto」へ。


<Bloodstone Grotto>
Oblivion2167.jpg
通路を進み、動く壁の罠を抜けます。

Oblivion2168.jpg
行き止まりにある「Rusted key」を取ります。

通路を戻って、鍵の掛かった「Rusted Gate」へ。
毒ガスの部屋の奥の「Evil Switch」を押します。

Oblivion2169.jpg
少し戻った場所の壁が開くので通り、奥の部屋で「Beating Heart」をアクティベートします。
「Ghostly Chambers」へ戻ります。


<Ghostly Chambers>
Oblivion2170.jpg
中央の「Gate」2枚が開いているので、入ります。
現れた「Skull Head Mage」を倒し、「Exit Key」を取ります。

Oblivion2171.jpg
不気味な通路を進み、扉から「The Oubliette」へ。


<The Oubliette>
Oblivion2172.jpg
ここは柵を無理やり飛び越えて、直角の向かい側の廊下へ渡ります。

Oblivion2173.jpg
すると雑魚が何匹か湧くのですが、なぜかすぐに消えます。

Oblivion2174.jpg
扉に入ると、細い通路に出ます。
「Wood Door」を開けて中庭へ。

Oblivion2175.jpg
「Warden」という幽霊がいます。「The Oubliette」に入る前に会ったあの幽霊です。

Oblivion2176.jpg
会話後、「Warden」と戦闘になります。

「Warden」は不死属性が付いているので、気絶するだけで倒せません。
「Warden」を倒すには…。

Oblivion2177.jpg
中庭の四隅に「Activated Welkynd Switch」があるので、ジャンプしてアクティベートし、点灯させていきます。
4つ順番につけると、「Warden」を倒せるようになります。

Oblivion2178.jpg
倒すと、「Hobgoblin」が出るのでこれも倒します。

Oblivion2179.jpg
「Hobgoblin」は「Warden's Letters Home」を持っており、さらに「Jack o'Claymore」という両手剣も入手出来ます。

Oblivion2180.jpg
柄の先が可愛い、アイコンもなかなか凝った剣です。

Oblivion2181.jpg
「Hobgoblin」を倒してから井戸を調べると、「Strange Well」になっています。
これをアクティベートすると、「The Oubliette」から出られます。

Oblivion2057.jpg
帰りは桟橋にある絵をアクティベートすれば、「Tiber Septim Hotel」へ戻れます。
たぶん、これで終わりです。何か隠し要素があるかもしれませんが…。

ダンジョンものとして非常に面白く、前作?「Haunted House」を彷彿とさせるところもあってかなり楽しめるクエストです。
ホラー系ですが笑わせるユーモアもあり、ハロウィーンにプレイするとより一層楽しめるかも知れません。      

Tears of the Fiend

巧みなキャラクター設定と見事なストーリーテリングが楽しめる傑作MOD、「Tears of the Fiend」のクエストの簡単な流れと、わかりにくい箇所を説明する記事です。

日本語化パッチはShadowHideYou-Uploaderの[01281]番にまだあります。

ストーリーの設定上、男性キャラ推奨のようですが、女性キャラでも問題なくプレイ出来ます。
主人公キャラの過去を探るストーリー展開になるので、ロールプレイにこだわりたい人には向かないかも知れません。
いくつかの場面でコンパニオンにはかなり不向きな部分があります。

「Tears of the Fiend」には詳細に攻略ルートが書かれた攻略ガイドhtmが付属しています。
英語ですが、機械翻訳にでもかければ簡単に読むことが出来ます。
このクエストは分岐が多く、その大半は会話での選択によって分岐します。会話の分岐点などは攻略ガイドhtmを参照して下さい。
念のため、会話の前にはセーブしておいた方がいいでしょう。

この記事ではグッドエンディングへのルートの流れを説明していきます。

CHAPTER I - Ehothorn
<開始条件>
MOD導入後、宿屋か自分の家で2時間以上寝る。

1.
Oblivion1988.jpg
「Edward Pellew」という男に襲われるので、撃退する。5回ダメージを与えると「Pellew」は降参する。

「Pellew」と会話し、「Pellew」を生かす。

2.
マップに各都市の本屋のマーカーが多数つく。いずれかの本屋で話を聞けば、「Pellew」の本を売っている本屋がわかる。

「Pellew」の本を売っている本屋へ。
「Pellew and Other Tales」を購入。

帝都の「Prison District」で「Imperial Registrar」と話す(マーカーが付きます)。

一旦、宿屋で寝る。

3.
「Edward Pellew」が現れるので、会話する。「Pellew」の助けを受け入れる。

4.
「Arcane University」の「Religious Symbology」と話す(マーカーが付きます)。

もう1度「Prison District」で「Imperial Registrar」と話す。


CHAPTER II - The Hunt for Allecia Ehothorn

Oblivion2041.jpg
「Cheydinhal」の「Ehothorrn Estate」へ(マーカーが付きます)。
扉に鍵が掛かっているのでロックピックで開けて不法侵入。
机の上の「Ehothorn Family Tree」という本と「Ehothorn Crypt Key」を取る。

宿屋の女将と会話する。

Oblivion2042.jpg
「Ehothorn Family Crypt」に入る(マーカーが付きます)。

Oblivion2043.jpg
「Ehothorn Family Crypt内でクエストジャーナルが更新される。

2.
Oblivion2044.jpg
「Ehothorrn Estate」に入ると「Allecia Ehothorn」がいるので話す。

Oblivion1989.jpg
「Flashback」が起こる。


CHAPTER III - The Relics
1.
Oblivion1990.jpg
1000秒ごとに「Allecia」が会話したがっていることを教えるスペルアイコンが付く。付いたら「Allecia」と会話する。
会話の選択肢は後の展開には影響なし。

Oblivion2045.jpg
「Allecia」の後を着いて「Ehothorn Estate」の跡地へ(マーカーが付きます)。

「Allecia」と会話する。「Flashback」が起こる。

瓦礫の奥から「A Mysterious Tablet」と「Slightly-Charred Book」を取る。
(崩れた塔が屋根にのしかかっている間のスキマにあります)

Oblivion2046.jpg
この瓦礫のスキマへ入って…。

Oblivion2047.jpg
このあたりに「A Mysterious Tablet」と「Slightly-Charred Book」がある。

「Allecia」と会話する。

Oblivion2048.jpg
「狼」の群れが出現するので倒す。

2.
Oblivion2049.jpg
「Cheydinhal」へ戻り、「Bsarnn the Archaeologist」と会話する(マーカーが付きます)。


CHAPTER IV - The Ruins of Armindale
1.
Oblivion1992.jpg
「Excavation Site」へ行く(マーカーが付きます)。

Oblivion1993.jpg
「Allecia」と別れて扉を開けて「Deep Into The Excavation Site」に単独で扉の奥へ進む。

行き止まりまで進むと戻るように指示されるので「Allecia」のところへ戻る。

ベッドロールで寝る。「Flashback」が起こる。

行き止まりへ戻る。「Rockwall」に近づくと自動的にメッセージボックスが出るので、岩を掘る。
結果はランダムで決まるので、成功するまで繰り返す。

Oblivion1994.jpg
「謁見室」に入る。
床に落ちている「Ancient Enchanted Longsword」を取る。

玉座の裏の「Rockwall」へ。

戻るように指示されるので、「Allecia」のところへ戻る。

「Allecia」と会話する。

ベッドロールで寝る。
「Flashback」が起こる。「Flashback」の中で「Allecia」を追いかける。

「Flashback」から戻ったら「Allecia」と会話する。

「謁見室」へ戻り、「Rockwall」へ。
成功するまで掘る。

奥の、本が4冊置かれてある部屋へ入る。
奥の扉を開けようとすると戻るように指示されるので「Allecia」のもとへ戻る。

「Bsarnn the Archaeologist」と会話する。

「Allecia」と会話する。

「Archaeologist Biff」と会話する。

帝都の「Market District」へ行く。

Oblivion1995.jpg
道端にいる「Desus the Enchanter」と会話する(マーカーが付きます)。

「First Edition」で「Phinteas」と会話する。
「Butcher of Armindale」を購入する(かなり高額)。
「Butcher of Armindale」を読み、「Phinteas」と再度会話する。

Oblivion2050.jpg
「Bruma」付近の「Maris the Hunter」の家「Maris's Cabin」に入る。

「Maris the Hunter」と会話する。

22:00~01:00の間に 「Maris the Hunter」が外出するので、その隙に家に入る。
「Maris's Journal」を取る。
「Excavation Site」へ戻り、「Bsarnn the Archaeologist」と会話する。
取引して鍵を購入する。

Oblivion1996.jpg
「Deep Into The Excavation Site」の「Sundial Puzzle」前で「Allecia」と会話する。

「Sundial Puzzle」を解いて扉を開ける。


CHAPTER V - The Legacy
1.
Oblivion1997.jpg
「The Mysterious Chamber」へ入る。「Flashback」が起こる。
「Flashback」の中で「孤児院」に入り、戦闘し、扉をアクティベートする。

「Flashback」から戻ったら「Allecia」と会話する。

Oblivion1998.jpg
「Ruined Orphanage」へ(マーカーが付きます)。

Oblivion1999.jpg
「The Caretaker」がいるので会話する。

「Allecia」と会話する。

「Excavation Site」へ戻り、「The Mysterious Chamber」へ入る。

Oblivion2000.jpg
「Allecia」と会話する。

Oblivion2001.jpg
祭壇に寝ろと言われるので、「A Mysterious Alter」をアクティベートする。

2.

Oblivion2051.jpg
「Flashback」が起こる。ここはかなりの難関。

Oblivion2052.jpg
空中歩道を進んで岩の中へ入り、洞窟を進んで「The Fiend」と会話する(選択肢あり。「The Fiend」と合体してもエンディングには影響なしとのことですが、ストーリー的に逃げた方がいいかと)。
会話が終わったら「The Fiend」につかまらないように空中歩道のスタート地点へ戻る。
時間制限があるので、かなり速く移動しなければならない。
セーブを駆使して地形とルートを覚え、ジャンプでショートカットしながら進まないと難しい。

3.
「The Mysterious Chamber」へ自動的に戻る。

「Edward Pellew」と会話する(選択肢あり。「 Pellew」と戦闘にならないように選ぶ。「Sword of the Celestial」をもらえる)。
先の「Flashback」で時間内に成功していれば、「Allecia」が生きていると告げられる。

Oblivion2002.jpg
「Maris the Hunter」が現れるので会話する。

4.
「Deep Into The Excavation Site」へ戻る。
「Allecia」がいるので会話する(「Allecia」と戦闘にならないように選択肢を選ぶ)。


CHAPTER VI - Dreams of Armindale
「Chorral」の「Renoit's Books」へ行き、「Renoit」と会話する。

宿屋で寝ると、「Dreamscapes」が起こる。

Oblivion2003.jpg
「Renoit's Books」へ行き、「Kashaan the Book Dealer」と会話する。
「Butcher of Armindale」の落丁ページをもらい、「Shann the Bandit」の話しを聞き出す。

「Butcher of Armindale」の落丁ページを読む。「Dreamscapes」が起こる。

「Bruma」の「Jarrel View Inn」へ行く。
「Shann the Bandit」がいるので追いかける。

Oblivion2004.jpg
「Shann the Bandit」が攻撃してくるので、倒して「Butcher of Armindale」の最終ページを取る。

宿屋で寝る。「Dreamscapes」が起こる。

2.
「Anvil」城の「Castle Barracks」へ入る。

Oblivion2005.jpg
「Allecia」と会話する。

Oblivion2006.jpg
「Smithy」へ入り、カーペットの下のトラップドアから「Cleon's Grave」に入る。

「Skeleton」の死体から「A Crumpled Journal」を取って読む。

「Skeleton」の死体から「Potion of undeath」を取る。
「Abyss of the Faithless」へ自動的にワープする。

3.
Oblivion2007.jpg
「Abyss of the Faithless」へワープ直後、自分そっくりのNPCと会話する。
(「M.O.E」の「Vampire Clan Raelu」を入れていて、「Clan Raelu」から追放されている人は、NPCがまともにしゃべらないバグが起こります。「Vampire Clan Raelu」を外してください)
NPCはいきなり倒れてしまう場合もある。少し待っていれば立ち上がって近寄ってくる。

橋を渡っていき、2匹の「Skeleton」を倒す。

Oblivion2008.jpg
クレーターに入り、「Minions of the Abyss」に襲われている「Cleon」と「Demon」を助ける。

Oblivion2009.jpg
「Cleon」と会話する。

Oblivion2010.jpg
「Cleon」と「Demon」の会話イベントを見る(バグで会話しないこともあるのでセーブ&ロードで対処)。

「Cleon」と再び会話する。

「Cleon's Grave」に戻り、「Cleon」と会話する。
「Cleon」の要求を受け入れる。


CHAPTER VII - The Butcher of Armindale/Redemption

Oblivion2011.jpg
「Cleon」とともに旅をする。
リアルタイムで20~25分間に1回、「Cleon」が会話したくなるとスペルアイコンが付くので会話する。
会話は全部で9回あるので、3時間前後かかることになる。
ここでの会話の選択肢は非常に重要なので、MOD付属の攻略ガイドhtmを参考に…(+1の会話を選びます)。
(9回目の会話は追加クエスト「Redemption」を進めていないと出来ないので、3時間の間に「Redemption」を進めるといいです)。

Oblivion2012.jpg
「Cleon」を仲間にした後、「待機」をすると「Abyss of the Faithless」へ飛ぶ。
自分そっくりのNPC(「Duplicate」)と話す。「Duplicate」はいきなり倒れてしまう場合もあるので、少し待っていれば立ち上がって話し掛けてくる。

元の世界へ自動で戻る。

Oblivion2013.jpg
「Cleon」と会話する。

帝都の「Arcane University」へ「Cleon」と一緒に行き、「Alchemist(Julienne Fanis)」と会話する(マーカーが付きます)。

「Excavation Site」へ行き、「Rotten Guard of Armindale」を倒して「Decomposing Flesh」を入手する。

「Arcane University」へ戻り、「Alchemist」と会話する。
しばらく経ってから再び「Alchemist」と会話して「Potion of undeath」をもらう(時間はけっこうかかります)。

「Cleon」と会話する。

「Potion of undeath」を飲む。

2.
Oblivion2014.jpg
「Abyss of the Faithless」へ「Cleon」とともにワープ。
右の橋を渡って岩場を進んで行く。

山腹に階段があるので昇る。しばらく岩場を移動し、また階段があるので昇る。
壁の反対側に「Damned」の街があるのでそこへ入り込む。
(壁が邪魔?して歩いて渡れないようなのでジャンプするなりして越えてください)

Oblivion2015.jpg
「Damned」の街に入ると 4匹の「Minions of the Abyss」がいるので倒す。
(こいつらは途中の岩場にいることも多いです)

Oblivion2016.jpg
「Damned」の街にいる8人のNPCと会話する。

Oblivion2017.jpg
かの「Ruined-Tail」は城壁の上にいるので、瓦礫を昇ってたどり着く。

Oblivion2018.jpg
「Damned」の街から戻って岩場を進む。
炎が燃えているキャンプ場へ。
見張りに見つからないようにキャンプ場へ近づく(見つかると即、元の世界へ戻されます)。

島の左の水面を泳いでキャンプ場に近づき、中央のテントの中に入って「Fiend’s Journal」を取る。
(時間帯によって警備体制が変わるので注意。テントに近づいただけで見つかってしまう場合はどうやっても見つかります。これはテントに近づくだけで見つかる仕掛けになっているため。街に戻るなりして時間を経過させて、テントに近づいても見つからないようになればOK。
また、主観視点を変更するMODを入れている場合、「Journal of a Fiend」に届かない場合があります。この場合はコンソールコマンドの「tcl」か「disable」を使いましょう)

「Journal of a Fiend」を読む。

Oblivion2019.jpg
「Damned」の街に戻り、「Simyaz the Fallen」を見張る。
「Simyaz the Fallen」がスニークで移動し始めたら後を着け、岩場の細道に入ったら行き止まりの「A hollow rock」から「A Suspicious Note」を取る。

「Simyaz the Fallen」と会話する。

「Damned」の街の住人たちと話し、「Duplicate」の持ち物を入手する。

Oblivion2021.jpg
「Sergent the Heretic」は交換条件で「Ruined-Tail」を殺すよう持ちかけてくるが、断れば街の住人たちが「Sergent the Heretic」を攻撃して倒してくれる。

「Cleon」がいたクレーターへ行く。
巨大な岩が入り口になっているのでアクティベート。
組み合わせコードを解いて中へ入る。

Oblivion2022.jpg
「Duplicate」と会話する。
「A Tatterd Journal」を受け取る。

「Cleon」によって元の世界へ帰る。
(「Duplicate」からもらった「A Tatterd Journal」は読んでおくといいです)

「Redemption」をここまで進めていると、「Cleon」と9回目の会話をすることが出来ます。

「Anvil」の「Cleon's Grave」へ戻る。
「Cleon」と会話する。

Oblivion2023.jpg
出現した「Demon」を倒す。

「Cleon」の「Mindscape」内へ。


CHAPTER VIII - The Demon Inside
「Armindale」を通り、「Demon」を追いかける。

Oblivion2024.jpg
「Young Cleon」と会話する。

「Middle-Aged Cleon」と会話する。

「Old Cleon」と会話する。

「Arena」へ入る。

Oblivion2025.jpg
「Cleon」と会話し、兵士たちの配置の命令を下す。
(ここでは3種類の結果が出ますが、「Evil Ending」は分岐でクエストがひとつ追加される形になるのでオススメです。この選択結果は「Bad Ending」以外は「Tears of the Fiend」自体のエンディングに影響しません。「Bad Ending」はそこでクエストが終了します)

「Good Ending」の場合、「Cleon」と旅を続ける。
「Evil Ending」の場合、「Cleon」は去っていく。
(「Good Ending」でもその後の「Cleon」との会話選択で、「Evil Ending」と同じように「Cleon」が去っていく場合があります。この場合は「Evil Ending」と同じルートをたどれます)

Oblivion2026.jpg
「Evil Ending」を選んだルートでは、次に「帝都」の「Market District」へ行く。
すぐに「Black Horse Courier」の最新版を渡されるので、読む。

「Cheydinhal」の宿屋で女将と会話する。

宿屋から出ると「Eladnimra of Noelc」との会話になる。

独房行きになる(独房での時間は少しなので、吸血鬼キャラプレイヤーはあまり心配ありません)。

Oblivion2027.jpg
「Eladnimra of Noelc」と会話する(重要な選択肢あり)。


CHAPTER X - Tears of the Fiend
(どうもチャプタータイトルが攻略ガイドのものと違っているようです)

「CHAPTER VIII - The Demon Inside」の「Good Ending」か、あるいは「Evil Ending」から刑務所でのイベント終了後、リアルタイムで約16分経過すると「Cleon」との新たな会話が出来るようになる。

Oblivion2028.jpg
その後、リアルタイムでおよそ30分前後の時間が経過すると、「Cleon」と「Allecia」が議論しているというメッセージが出る。
「Cleon」、「Allecia」と会話する。

その後、さらに30分前後の時間が経過してから宿屋のベッドで寝ると、「Cleon」と「Allecia」が議論しているというメッセージで起こされる。

「Cleon」と会話する。

「Allecia」と会話する。

2.
「Skingrad」へ行く。「Allecia」はどこかへ待機させておかねばならない。

Oblivion2029.jpg
「Two Sister Lodge」へ。
「Cleon」と会話する。

Oblivion2030.jpg
「Cleon」に着いて「Skingrad」の外へ。
(クリーチャー等に反応して「Cleon」の挙動がおかしくなることがあります。ロードし直すか、コンソールコマンドで対処)

納屋にあるトラップドアから「Alleria's Crypt」へ。

Oblivion2031.jpg
「Alleria's Crypt」で「Cleon」と会話する。

Oblivion2032.jpg
棺の中を見にいく。ジャーナルが更新される。

戻って「Cleon」と会話する。
会話終了後、「Dreamscapes」が起こる。

「Dreamscapes」終了後、「Allecia」と会話する。

「Excavation Site」へ「Allecia」を連れて行く。

Oblivion2033.jpg
洞窟奥まで進むと、「Allecia」との会話になり、毒を盛られたことがわかる。
ここで3時間「待機」すると毒の効果が抜ける。

扉の前でセーブしておく(次のセクションを成功させるのはかなり難しいため)。
また、たいまつは点けておいた方がいい。

Oblivion2034.jpg
扉から入ったらすぐに左の部屋へ移動、床にあるトラップドアから下へ。
階段を降りて通路を走り、梯子を昇る。
「Iron Gate」をアクティベートして下げ、通り抜けて右方向の「Cleon」がいる後ろの「Iron Gate」の奥へ。
「Iron Gate」の奥へは付近の倒れている柱等をジャンプで渡って飛び越えて行く。
通路を走って扉へ。

Oblivion2035.jpg
「Arena」の「Bloodworks」を通り、通路に入ったところにあるレバーをアクティベート。
通路を昇って、扉を抜け、「Arena」へ出る。

Oblivion2036.jpg
「Allecia」と(生きていたら)会話する。
(ここまで時間制限がかなり厳しいです。失敗しても何回か繰り返して練習しておくといいかも)

「Allecia」を連れて「Bloodworks」へ引き返し、来た道を戻って「Arena」へ。

Oblivion2037.jpg
「Edward Pellew」からもらった「Sword of the Celestial」を装備、これで「Cleon」と戦う。
戦闘で「Allecia」が死ぬと失敗なので注意。
「Cleon」に5回ダメージを与えるたびにメッセージが出る。
通算15回ダメージを与えると、「Demon」が出現する(「Cleon」は不死属性が付いているので攻撃途中で気を失っても大丈夫です。あまり攻撃し過ぎると死ぬ、と攻略ガイドにはありますが…)。

Oblivion2038.jpg
「Demon」を倒す。

「Cleon」と会話する(重要な選択肢あり。また、バグがあるようなので下記を参照してください)。

「Allecia」と会話する(一応、重要な選択肢あり)。

「Arena」から出て「The Mysterious Chamber」に戻れば、クエストが完了します。


CHAPTER XI - Redemption Afterward
「Excavation Site」から出たら、入り口から北側の山腹へ移動する。

Oblivion2040.jpg
2人の暗殺者に襲われている、あるアルゴニアンを発見出来るかも知れない。アルゴニアンを助け、会話し、彼の要望に応えると…。

それが主人公にとっての「Redemption」に…。
(クエストはここですべて終了します)


バグ情報
私がクエストをプレイした際、なぜか「Redemption」クエストは完了せず。仕様?
また、「CHAPTER VIII - The Demon Inside」で「Good Ending」を選んだ場合、クエスト「The Butcher of Armindale」も完了しないままになってしまいました(「Evil Ending」で進めたら完了しました)。

クエスト「Tears of the Fiend」のラスト、「Arena」で「Demon」を倒し、「Cleon」と最後の会話をする場面ですが、私の環境では選択肢のひとつが表示されず、選べないので「Cleon」が引退してしまうエンディングにしかなりませんでした。

Oblivion2039.jpg
本来は「戦いを諦めた方がいい……。」の下に「Abyssについて話そう……。」という会話選択肢が出ます。

これは選択肢ミスではなく、明らかにバグだと思われるので(「Arena」まで来ている時点で選択ミスはないでしょうし、また、攻略ガイドにも最後の会話選択で間違わなければ「Cleon」引退エンディングは避けられる、とあるので。CSで覗いてみたところ、選択肢はちゃんと存在しているのですが、なぜかゲーム中に表示がされない…)、CSで会話選択をいじって対処しました。
最後に現れる「Cleon」のキャラデータから「Dialogue」を選び、バグが起こっている会話の選択肢欄に次の会話選択肢を貼り付けて「Compile」(「Compile」ボタン押すだけ)、CSでセーブして、ゲーム内でバグが起こっている選択肢の次の選択肢をひとつ早めて出現させることで、会話を進めました。

また、吸血鬼キャラでプレイしている場合、「M.O.E」の「Vampire Clan Raelu」を入れていて、「Clan Raelu」から追放されている人は、「Duplicate」NPCがまともにしゃべらないバグが起こります。「Vampire Clan Raelu」を外してください。
これは2度目に「Duplicate」と会話する場面で致命的になります。

The Heart of the Dead

ストーリー系クエストMODの最高傑作の1本と言えるのがこの「The Heart of the Dead」です。
キャラクター、ダンジョン、謎解き、ストーリーと、どれも非常に完成度の高い出来で最後まで楽しめます。
今回は Ver 6.0のクエストの流れを簡単に説明していきます。

MODをインストールすると、「OBLIVION」のオープニングを書き換えられてしまいますので注意が必要です。
後で戻すことも出来ますが、面倒な人は最初から「Video」フォルダをインストールしないようにすればいいです。

また、同封されている「CM Partners.esm」を必ずインストールしてください。インストールしなかったり、別のMODの「CM Partners.esm」をインストールしていたりすると、クエスト終了後にコンパニオンとして仲間に出来るキャラの動作がおかしくなります(ですので「CM Partners.esm」を使う他のMODとは競合してしまうかも知れません)。

<クエスト開始条件>
Oblivion1922.jpg
「Bruma」の「Olav's Tap and Tack」(宿屋です)にいる「Inar the Begger」という老人に話し掛けてください。

<クエスト:The Heart of the Dead>
Oblivion1923.jpg
「Yurn's Cave」へ向かいます。
入り口の扉は仕掛けがあって普通には入れません。
扉の前で、12:00か24:00になったらルーン文字を読めるようになる魔法「HOD:Translation Spell」を使い、インベントリを開いて「Inar the Begger」からもらったスクロールを選択します。
扉が開くので洞窟の中へ入ります。

Oblivion1977.jpg
洞窟内には「Mystic Elf」のヴァンパイアがうじゃうじゃいます。

洞窟奥で盾がかぶさっている宝箱があります。盾をアクティベートし、宝箱内の「HOD:Dragon Torch」を取ります。
また、宝箱の蓋の裏に書かれてあるルーン文字を写した羊皮紙も自動的に入手します。

「HOD:Translation Spell」で羊皮紙を読みます。
あるいは、「Inar the Begger」に会って話しをすることで次の行き先を教えてもらえます。
序盤で詰まった場合、「Inar the Begger」と話すとヒントや解答を教えてくれます。
「Cheydinhal」へ向かいます。

「Cheydinhal」
宿屋の女将に話を聞きます。

さらに城へ行き、城の者に「Rune」の聞きます。

Oblivion1924.jpg
城にいる「Rune」に会いにいき、後を着いていきます。

扉の前で「Rune」と会話になります。どのように答えても、「Rune」とは戦闘になります。

「Rune」を倒したら扉の前で「Dragon Torch」を灯すと扉が開きます。
扉に付いていた盾(Flame of Shield)を取り、扉の先へ。

洞窟を進み、女神像のところまで来たら、正面の「Strabge Stand」に「Jade」の盾を設置します。
左方向にある「Strabge Stand」には「Sun」の盾を設置。

Oblivion1926.jpg
それぞれの盾をアクティベートして回転させながら、反射する光を女神像に当たるようにします。
これで扉が開きます。

Oblivion1927.jpg
何やら山中の教会前に出ます。この場所は憶えておくと、後々驚くことになるかもしれません。

教会は封印されていて入れないので、隣にある「Monastary of the Three-Service Area」に入ります。
奥の部屋で倒れているスケルトンから手紙と鍵を入手します。

「Monastary of the Three-Service Area」を出て、次に「Living Quarters」に入ります。
奥のベッドに寝かせられているスケルトン(このスケルトンは実は…)から、鍵を入手します。
「Desk」に本もあるので、取っておきましょう。

鍵で奥の扉を開け、中へ。梯子で洞窟内に入ります。

Oblivion1928.jpg
洞窟を進み、教会内部へ。置いてある「The White King-Eye」を入手します。

Oblivion1929.jpg
すると、「Wintermoon」という「Mystic Eif」の女性が現れます。
会話後に現れるスケルトンを倒し、再び「Wintermoon」と会話します。

教会から外に出て、この広場に入った蓋の入り口から洞窟へ戻ります。
主観視点を変更するMODを入れていると、この蓋にアクティベート出来ないことがあったりします。
tclで近寄ってアクティベートしましょう。

<クエスト:The Eyes of the King>
「Bruma」へ戻り、「Inar the Begger」と会話します。

Oblivion1930.jpg
また、このあたりで睡眠を取ると、悪夢を見ます。悪夢はこの後も度々見ることになります。
毎回装備を剥がれるのが少々面倒です…。

帝都の本屋、「First Edition」へ。店主の「Phintias」と会話し、「Song of the Three」の写本を購入します。

Oblivion1931.jpg
すると、店内に2人の「Dark Hunter」が現れて戦闘になります。
おそらく、店内にいた魔法使いがこちらに加勢してくれるはずです。

Oblivion1932.jpg
この魔法使い「Dublin Stormfallow」と会話します。「Dublin」の申し出を受けましょう。
受けないとクエストが進行しません。

「HOD:Translation Spell」で「Song of the Three」を読み、書かれている暗号を解きます。
暗号がどうしてもわからなければ、「Bruma」の「Inar the Begger」と話せば答えを教えてくれます。

「Chorrol」へ。
教会に入ると「Dublin」と会話イベントになり、「Symbol of Mara」をもらえます。

Oblivion1933.jpg
「HOD:Translation Spell」を使い、「Alter of Mara」をアクティベートします。


「The White King-Eye」を被ります。視界が真っ赤になりますが、見えるようになったポータルをアクティベートし「Mara's Symbol」を見せます。

Oblivion1934.jpg
ジャーナルが更新され、「Walk of the Dead,Hub」にワープします。

「Walk of the Dead,Hub」
スタート地点から見て正面に進むと、宝箱(「Ayleid Cask」)があります。

Oblivion1978.jpg

この「Ayleid Cask」に付いている「Plaque」を「HOD:Translation Spell」をかけてアクティベートします。すると書いてあることが読めますので、内容にあった武具を入れます。この武具は「Ayleid Cask」の周辺に落ちているか、あるいは付近にいる敵が持っています。
この場所の「Ayleid Cask」の場合は「Shadow Shield」を「Ayleid Cask」へ入れます。エフェクトが終わったら、箱から新たなアイテムを取ります(この場合は「Stone Shield」)。
「Ayleid Cask」があった場合、このようにして必要なアイテムを入手していきます。
また、この「Ayleid Cask」前のルーン文字はメモっておくと後で楽になります。

宝箱の左右に通路があり、それぞれ扉があります。
左側の通路の扉は、「Walk of the Dead,Goddess Atrium」に続いています。

行き止まりに「Mara Hint」というメモがあります。「HOD:Translation Spell」で読めるようになります。

行き止まりで「The White King-Eye」を被ると壁が消えて通れるようになります。
ただし、ここまで着いて来た「Dublin」はこの先へは進めません。

また、私の環境ではこの先以降セーブしても、ロード出来ない(CTDしてしまう)事態になってしまいました。
ダンジョンから出た場所でセーブすれば無事にロード出来るのですが、ここのダンジョン内ではどうやってもまともにセーブ出来ませんでした。
同じ状況になる人はセーブファイルの扱いに気をつけてください。

Oblivion1938.jpg
水路を進むと十字路にたどり着きます。
左の方へ行くと壁が開くので、奥へ。

水から上がり、穴の中へ入ってまた水路へ。水から上がるときはジャンプすると楽に上がれます。
穴を上がり三方を壁で囲まれた部屋に来ます。
ここまもちろん「The White King-Eye」。壁が消えて奥へ入れるようになります。

正面奥に「Alter」があるので、「Dragon Torch」で火をつけます。

水路を十字路まで戻り、今度は右側(つまり正面)の壁へ行く開きます。
奥まで進んだらさらに下の穴に潜り、二つの穴を上がって、通路へ。

Oblivion1939.jpg
行き止まりには落とし穴の罠があります。
「The White King-Eye」を被り、ルーン文字が変わったところのパネルを3箇所アクティベートすると、正面の壁が開きます。

「Alter」があるので、火を灯します。

水路を十字路まで戻ると、祭壇のところに階段が出来てきます。
階段を上がると正面に「Ayleid Cask」があります。付近にいる「Undead Guardian」を倒し、「Shadow Dagger」を入手します(「Shadow Dagger」は落ちている場合もあります)。
「Shadow Dagger」を「Ayleid Cask」へ。「Stone Dagger」を入手します。

すると、「Ayleid Cask」の裏の壁が開いて通路に入れるようになります。奥に扉があります。

「Walk of the Dead,Temple of the Goddess」

通路を奥へ。途中で途切れている道は「The White King-Eye」を被ると空中に道が見えます。

洞窟内へ。ここにはかなりのダメージの棘の罠があるので注意。

奥まで行くと、巨大な女神像がある空間に出ます。女神像の反対側のヘリに移動し、開いている入り口から洞窟の通路へ。
進んでいくと「Plaque」があるのでヒントを見られます。
近くのかなり深い穴に落ちます。下は水なのでダメージは受けません。

水面から上がって、洞窟内へ。すると、先ほどの巨大な女神像の空間の床に出ます。

Oblivion1979.jpg
階段前に祭壇があり、その上に「Shadow Mace」が置いてあるので拾います。

女神像の前に「Ayleid Cask」があるので、「Shadow Mace」を入れて「Stone Mace」を取ります。
出現したポータルを通って、「Dublin」がいる「Walk of the Dead,Hub」へ戻ります。

ここでは「Dublin」が話し掛けてくるので、それまで待った方が賢明です。こちらから話し掛けたりすると、うまく進まなかったりします。

今度は右の道へ。「The White King-Eye」で行き止まりを抜けます。

Oblivion1935.jpg
火の床は近くにある天井から下がっている紐を引けば消えます。

Oblivion1936.jpg
なお、私の環境ではこの場所に置いてある「Strange Liquid」を取ると、CTDしてしまいました。
取らなくてもクエスト進行には関係のないもののようですが…。

次の火の罠は「The White King-Eye」を被ると、一部分の火が消えて通れるようになります(視界が真っ赤で動きづらいですが)。
もっとも、ジャンプ力があれば火を一気に飛び越えることも出来ます。

やがて溶岩だらけの場所に出ますが、床がありますのでそこをたどりつつ奥の階段へ。

通路の奥の「Ayleid Cask」前の死んでるスケルトンから「Shadow Sword」を取り、宝箱へ。「Stone Sword」を取ります。
すると壁が開くので、中へ入ります。

「Wark of the Dead,Dragon Temple」
Oblivion1973.jpg

「Temple」内のドラゴンの像の前の「Plaque」を「HOD:Translation Spell」を掛けてアクティベートするとヒントがもらえます。

左の通路へ行くと、落とし穴の罠が。

Oblivion1942.jpg
この辺りの罠は即死するものが多いので気をつけてください。

基本的に行き止まりになったら「The White King-Eye」を被ります。

何もない空間の部屋に出たら、「The White King-Eye」を被ると浮き床がいくつか見えるようになります。

Oblivion1974.jpg
浮き床を渡って、この部屋に2つある「Alter」に火をつけます。

ドラゴンの像がある部屋に戻り、反対側の通路へ。

Oblivion1941.jpg

ここは崩れる床を渡っていきます。ジャンプして強引に渡っても構いません。

奥の上下に2つの「Alter」があるので火をつけていきます。

ドラゴンの像の部屋に戻ります。

すると、ドラゴンの像が動くので、出来た通路に入ります。
奥で「Burning Captain」を倒し、「Shadow Axe」を入手、これを宝箱に入れて「Stone Axe」を取ります。

出現したポータルで「Dublin」がいる「Walk of the Dead,Hub」へ戻ります。

Oblivion1943.jpg
ルーン文字が書かれたパネルが並べられている扉の前に行きます。
ここでは、宝箱の前に付いていたルーン文字と同じパネルを押していきます。
正解をすべて押すと、他のパネルが消えて扉の中へ進めるようになります。

「Temple of the White king」

Oblivion1944.jpg
開けられない「Gate」の向こう側に盗賊っぽい女が一人いて会話になりますが、今は助けられません。

Oblivion1945.jpg
「Statue」が5つある部屋に来ます。ここでは「HOD:Translation Spell」をかけて「Statue」をアクティベートすると、書かれてあることが読めます。
書かれている内容にあった「Stone」アイテムを装備して「Statue」をアクティベートすると、その「Statue」に装備させることが出来ます。

Oblivion1946.jpg
5つの「Statue」すべてに武具を装備させたら、現れた階段を上がって炎の前へ。

Oblivion1947.jpg
「The White King-Eye」を装備して炎があったところを見ると、「Claws of the White King」があるので取ります。
このシリーズのアイテムは取るとコロコロ名前が変わるので注意。

Oblivion1975.jpg
すると、先ほど「Gate」の向こうにいた女がやってきて会話イベントになります。
ここは「Kat」の申し出を受けます。

部屋の隅の「Gate」から奥へ進みます。

Oblivion1976.jpg
やがて手形の付いている壁のところで行き止まりになります。
ここは「The White King-Eye」と「The White King-Gloves」を装備して、壁をアクティベートすると開くことが出来ます。

この奥の鍵の掛かった「Gate」は「Kat」が開けてくれます。

最奥の部屋に来ると「Kat」が「Statue of the White King」をくれます。

Oblivion1948.jpg
この「Statue of the White King」を部屋のあちこちにある台座に置かねばなりません。「Statue of the White King」を置ける台座がひとつあるので、そこへ置きます。

すると、ポータルが現れます。このポータルを通ると、「Chorrol」の教会へと戻れます。
ここで「Dublin」と「Kat」とは一旦解散になります。

ここでクエスト「The Eyes of the King」が完了し、「Of Love and Nightmares」が自動的に開始となります。

<クエスト:Of Love and Nightmares>
「Bruma」の「Inar the Begger」の元へ行きます。
「Bruma」城へ行くことになります。

Oblivion1949.jpg
城の中に入ると、ドレス姿の「Wintermoon」に話し掛けられるイベントが発生します。ここも話し掛けられるまで待った方がいいです。

「Wintermoon」がいなくなった後、付近にいた「Kat」が話し掛けます。

Oblivion1981.jpg
「Dublin」もいるので話し掛けます。

すると、「Kat」が話し掛けてきて、「Statue of Mara」が入っているケースのロックを開けるTouch系の魔法を教えてくれます。
城内で騒ぎが起きたら、周囲に衛兵がいないのを見計らってケースの前で魔法を使い、「Statue of Mara」を盗みます。
うまくやると衛兵に見つからずに逃げ出すことが出来ます。

「Skingrad」の「Two Sister Lodge」へ。1階のカウンター前に行くと、「Kat」がやってきて話し掛けてきます。
ここでの選択肢は後の展開には影響しません。

次に「Dublin」がやってきて話し掛けてきます。

それが終わると「Kat」と「Dublin」の会話イベントになります。
終わると、「Kat」がプレイヤーキャラに、自分か「Dublin」どちらを選ぶかの選択を迫ってきます。
この選択は重要です。選んだ方と旅を続けることになり、選ばなかった方はここで消えます。
このクエストでは、終了後に「Dublin」、「Kat」、「Wintermoon」の3人のうちの1人をコンパニオンにすることが出来ます(誰もコンパニオンにしないことも出来ます)。
ここの選択肢で選ばなかった方は、コンパニオンにする機会を失ってしまいます。
なお、「Wintermoon」を選ぶ選択肢はまだ先でのことになります。

Oblivion1982.jpg
この後、しばらくは選んだ相手と一緒にクエストが進みます。

Oblivion1950.jpg
「Chorrol」の伯爵夫人のもとへ行きます。
城に入ると、選択した相手をもっと良く知るべきだ、というメッセージが出ます(「Dublin」を選んでいても「Kat」と名前が表示されるバグがあるようです)。
ここで相手と会話して、親密になっておきましょう。

伯爵夫人と会話し、2つの「Statue」の行方を聞き出します。

城から出る前に、伯爵夫人の近くにいる「Iaythe Wavrick」と会話します。

Oblivion1951.jpg
街にある「Northern Goods and Trade」へ行きます。あの「Dar-ma」ちゃんがいる店です。

店にいる「Yee-Leez」と会話します。

店主の「Seed-Neeus」と会話します。

店から出て、閉店時間まで待ちます。
閉店時間になると店から「Yee-Leez」が走って出てくるので、追いかけます。
「Yee-Leez」は街の外へ出て森の奥へ走っていきます。

「Yee-Leez」を追いかけて洞窟(「Savior's Hollow」)に入り、「Harren」と会話します。

Oblivion1952.jpg
「Savior's Depths」へ入ります。中はかなり広いので、準備はしっかりした方がいいです。

Oblivion1953.jpg
奥の部屋に行くと、「Wintermoon」がいます。
一緒に「Eiven Lich」を倒し、本を入手します。

ポータルで「Savior's Hollow」に戻ります。
「Harren」と自動的に会話になります。

「Harren」を倒し、鍵を入手します。近くの宝箱から盗まれたロケットを入手します。

「Chorrol」の伯爵夫人のもとへロケットを届けると、報酬がもらえます(届けなくてもクエストは進行します)。

ちなみに「Yee-Leez」ですが、通常は「Harren」と一緒に「Savior's Hollow」にいるので戦うことになります。
が、ときどき行方不明になっていることがあります。
その場合、「Chorrol」にいると「Yee-Leez」が現れ、何と街の人間に袋叩きにされる衝撃的な結末を迎えることがあります。
けっこうビックリします…。

Oblivion1954.jpg
もうひとつの「Statue」を追って、一路「Collecter」の隠れ家へ行きます。マーカーに従っていけばすんなりと入れます。
中にいる「Collecter」と会話します。

Oblivion1955.jpg
「Collecter」の隠れ家から出て、今度は「Dylx'narray」の住み処を目指します。
マーカーに従っていけばいいですが、石造りのゲートが通り道の目印になっています。
ここでも、「Mystic Elf」のヴァンパイアが襲ってきます。

Oblivion1983.jpg
階段を昇り切ると祠へ。

Oblivion1956.jpg
祠の中に入ると、「Dylx'narray」と対面するイベントになります。
「Dylx'narray」の出すクイズに答えます。
3問正解すると「Statue」をもらえます。また、「Collecter」の隠れ家へワープさせてくれます。
ただし、馬で祠まで来た場合、ワープさせられると馬は置いてきぼりにされてしまいます。
迎えに行くのが面倒なら、どこか適当な場所へファストトラベルすれば離れた場所の馬も着いて来ます。

Oblivion1984.jpg
クイズの正解をすべて答えられない場合、「Dylx'narray」と戦闘になります。
見掛けと違って弱いので、楽に倒せることと思います。倒していい存在なのかは謎ですが…。
倒した場合は死体を探って「Statue of the Dragon」を入手します。
ですが、ロードしてクイズからやり直した方がいいかも。

ワープするなり自力で戻るなりして、隠れ家で「Collecter」と会話します。

「Skingrad」の「Two Sister Lodge」へ。
「Two Sister Lodge」に入ると、現在一緒にいる「Dublin」/「Kat」が話し掛けてきます。
ここは相手が話し掛けてくるのを待ってください。
こちらから先に話し掛けると、この後のイベントが起こらない場合があります。

宿の1階へ下り、部屋を取ると再度相手から話し掛けられます。
この時に部屋へ行くと、相手からベッドに誘われる会話イベントになります。

Oblivion1957.jpg
ここで了承すれば、その相手とは恋仲になってこの後のイベントに影響してきます。また、クエスト終了後にその相手をコンパニオンにすることが出来ます。
誘いを拒否すると、その相手はここで消えてしまいます。この場合はコンパニオンにすることは出来なくなります。
「Wintermoon」をコンパニオンにしたい場合は、ここで「Dublin」/「Kat」を拒否してください。

Oblivion1985.jpg
どの選択をしても、部屋で寝ると「Wintermoon」に話し掛けられるイベントが発生します。
「Statue of Nerevar」をもらえます。

「Chorrol」の教会へ行きます。教会に入ると、「Wintermoon」から話し掛けられ、以後「Wintermoon」も一緒に着いて来ます(「Dublin」/「Kat」と恋仲になっている場合でも着いて来ます)。

「The White King-Eye」を被って「Mara」の「Alter」からワープ。

<Temple of the White king>
Oblivion1958.jpg
ここの通路に、「Two Sister Lodge」で選ばなかった「Dublin」/「Kat」の死体が転がっています。
また、ベッドインを拒否した場合、二人分の死体が転がることになります。

奥の「Statue」を設置する台座がある部屋に入ります。

四隅の台座に、それぞれ対応する「Statue」を置いていきます。

Oblivion1986.jpg
するとポータルが消えて、「Talons of the White king」が出現します。
これを「The White King-Hands」を装着して入手すると、ポータルが出現します。

「Talons of the White king」も装備し(「White King」シリーズの装備品はアイテム名が統一されておらず、ころころ変わります)、ポータルをアクティベートすると、次のステージ「Dream of the Dead」へと飛ばされます。

ここでは「White King」装備を外しても大丈夫です。

ただし、私の環境ではまたもここでセーブしてもロード出来ない状況になってしまいました。
「The Heart of the Dead」の特定のダンジョンでのみ、セーブファイルのCTDが起こってしまうようです(もちろん通常は起こらないはずです)。

Oblivion1960.jpg
それぞれの通路の先に罠があり、その先にアクティベートするパネルがあるので、それを押していきます。
3つすべて押すと、元の部屋の「Big Pillar」が開いて中に入れるようになります。

私の環境の場合、パネルをアクティベートするとCTDになってしまいましたので、tclして中に入りました(「The Heart of the Dead」の「Readme」には、ここでバグが起こったらコンソールコマンドで「Big Pillar」を「disable」しろ、と書かれてあります)。

奥の部屋に入ると、そこに「Leg of the White King」が置いてあります。
入手するとポータルが現れ、不気味な声が聞こえるイベントが発生します。

この後はポータルに入って次のステージへ。

私の環境では、ここでもCTDになってしまいました。
原因と対処法がどうやらあるらしいのですが、わかりませんでしたので、少々強引な方法を使うハメになってしまいました。
コンソールコマンドで、「coc 04HODDagothOuter」と打ち込んで先のステージへワープします。
本来ポータルを通った場合は「Morrowind」(!)という場所へワープするのですが、この場所はCSで見てもどこにあるのかわからなかったので(多分他のステージにくっついている?)、その次の場所である「Dagoth Ur outer Facility」にワープしています。
この方法だとポータルでワープした後の「Morrowind」での「Wintermoon」とのイベントが起こらない上、ダンジョン内で「Wintermoon」と再会しても会話が通じないのですが、「Mystic Elf」たちがいる部屋までダンジョンを進んでいけばクエストも正常に進むようになります。ただし、クエストの「HOD:Of Love and Nightmares」は完了扱いにはなりません(クエストの進行には関係ありません)。「Morrowind」へは、ダンジョンを逆行していけば行くことが出来ます。敵以外は何もありませんが。

ポータルでワープすると、クエスト「Of Love and Nightmares」は完了になります。
次のクエスト「Back of the Beginning」が自動的に開始されます。

<クエスト:Back of the Beginning>
ポータルで正常にワープした場合、「Morrowind」で「Wintermoon」に起こされるイベントになります。
ここでは、恋仲となった「Dublin」/「Kat」は一緒には来られなかったことも知らされます。

Oblivion1961.jpg
敵を倒しつつ道を進んで、「Dagoth Ur outer Facility」へ入ります。

Oblivion1962.jpg
通路をひたすら奥へと進んでいきます。

Oblivion1963.jpg
やがて「Mystic Elf」たちのいる部屋に着きます。間違って攻撃しないように…。
ここから、「Talonsun」という「Mystic Elf」が1人仲間に加わります。「Talonsun」は死ぬまで着いてきますが、教会でのイベント後まで生きていたとしても、その後にいなくなります。

Oblivion1987.jpg
先に書いたポータルでのCTD対策でコンソールコマンドでワープしてきた人も、ここまで来るとクエスト進行用の「Wintermoon」が現れて話し掛けてきます。これでクエストが正常に進んでいきます。この前のエリアに現れる「Wintermoon」とは話が通じませんので、無視してください。

行き止まりの扉の封印を、「Wintermoon」からもらった「Cavern Key」で開けます。
「Dagoth Ur,Cavern」へ。

洞窟内を進んでいくと、「Strange Wall」で行き止まり。
「White king」装備を装着して、「Strange Wall」をアクティベートして開けます。

洞窟を進んでいくと、ふさがれた扉で終わります。
ここはこの場所にいる巨大な「Master Reaver」を倒し、死体にアクティベートして「Reaver Skull」を取った状態なら、扉を通ることが出来ます。

「The Path of the King」へ。

Oblivion1964.jpg
ここから広い寺院のような場所を進んでいきます。
最初にメモが置いてあり、「HOD:Translation Spell」を掛けると読めますが、あんまり気にしなくてもいい内容です。

途中に台座があり、寺院内に全部で4つの台座があります。
「HOD:Translation Spell」を掛けて台座をアクティベートするとその台座に設置すべき「White King」アイテムのヒントが読めますので、それぞれに対応した装備だけを着けて再び台座をアクティベート、装備品を設置していきます。
間違った装備でも設置されてしまいますが、すべて正解の装備を置かないと先の扉が開かないようになっています。

正解は入り口から進んで「Grove」、「boots」、「Gleave」、「Helmet」の順です。

開かれた通路の先へ進むと、教会へ出ます。

Oblivion1965.jpg
自動的に金縛り状態になり、正体を現した「Inar」とのイベントになります。

ここで、「Dublin」/「Kat」と恋仲になっている場合は、「Dublin」/「Kat」が生贄にされるイベントになります。
どちらも拒否していた場合、「Inar」の息子が生贄になるイベントになります。

イベントが終了して動けるようになったら、すぐに「Wintermoon」からもらった「Keening」と「Wraithguard」を装備します。「Wraithguard」も装備しないと画面が真っ赤で何も見えないので注意。

2つのアイテムを装備したら、「Inar」を攻撃して倒します。時間制限がありますので素早く倒します。

死体から「White King」装備を取り戻し、「The Heart of the Dead」も入手します。
「Wintermoon」と会話後、出現しているポータルへ入ります。


「Land of the Dead」
いきなりモノクロの世界へワープします。ここでは、「White King」装備は外さないようにしましょう。
「Guardian」たちを倒しながら道なりに進んでいきます。

壊れた橋まで進むと、「Summarsky」という「Mystic Elf」と出会います。
会話後、新たな橋を作ってくれます。
「Summarsky」との会話の選択肢は、よく見て彼女たちのことを思いやる内容のものを選ぶのが良いかと思います。

道なりに進むと、教会前に出ます。序盤の冒険で訪れたあの教会と同じものであることがわかります。
その教会前には、「Overseer」という強力なボスが待ち構えています。

Oblivion1966.jpg
「Overseer」を倒すと、教会の封印を解くための「Summarsky」たちのイベントが始まります。

イベント終了後、教会内へ。
中には「Yurn」がいますので会話します。

Oblivion1967.jpg
突如「Lorkhan」が出現、会話後に戦闘になります。

Oblivion1968.jpg
「Lorkhan」を倒すと、今度は仮の姿の女神「Mara」が現れます。近くにこっそり「Dylx'narray」も現れています。
「Mara」と会話後、教会から出て「Living Quarters」へ向かいます。

「Living Quarters」
ここで、「Dublin」/「Kat」と恋仲になっていた場合、どちらかの幽霊が「Living Quarters」内にいます。
助けたい場合(コンパニオンにしたい場合)は必ず探し出して会話するようにしてください。
会話の選択は正しいものを選ばないといけませんが、何回でも選び直せますので、必ず着いてくる状態にしてください。
どちらも拒否していた場合(「Wintermoon」をコンパニオンにしたい場合)は、この「Living Quarters」には敵しかいません。

奥の怪しい障壁がある部屋に入ります。
ベッドに寝ているスケルトンをアクティベートして、「The Heart of the Dead」を入れます。
すると、「Yurn」のイベントが開始されます。

Oblivion1969.jpg
イベント終了後、「Living Quarters」が崩壊することになりますので、すぐに脱出してください。
「Dublin」/「Kat」の幽霊を連れている場合は、もちろん一緒に逃げます。
時間がかかっていると、「Lorkhan」が復活して襲ってきます。「Lorkhan」は何度でも蘇ります。

「Land of the dead」のスタート地点まで行くと、ポータルが出現しています。道中の敵は無視して構いません。

ポータルから脱出すると、元の世界へ帰ることが出来ます。

Oblivion1970.jpg
「Collecter」の隠れ家で目覚めます。コンパニオンに出来るキャラクターがいる場合、そのキャラクターが一緒にいます。
会話すると、クエスト「Back of the Biginning」はここで完了になります。
「Wintermoon」と一緒にいる場合、ここでコンパニオンにするかどうかの最後の選択肢が出ます。
ただし、「Dublin」/「Kat」と恋仲になっていた場合に、「Dublin」/「Kat」を助けなかったとしても、「Wintermoon」は隠れ家にはいないことになっています(つまりコンパニオンにはなりません)。

また、「CM Partners.esm」をきちんとインストールしていないと、ここでバグが発生してしまいます。
必ず「The Heart of the Dead」に同封されている「CM Partners.esm」を導入してください。

この隠れ家はプレイヤーキャラの所有物になります。

奥には温泉もあり、温泉内を良く調べると隠し部屋があるのがわかります。そこには…。

Oblivion1971.jpg
こんなものが。MODの「Credit」が見られます。


とにかく非常に完成度が高いMODで、最高傑作との声も聞かれますがその呼び声に恥じない充実した内容であると思います。
何より、キャラクターたちがしっかりとした設定の中で生き生きとしている点が素晴らしい。
また、他のMODにはあまり見られない要素があるのもこのクエストMODを際立たせている点かと思います。
「ベッドシーン」(というか行為後しか見れませんが)もそうですが、「ラストシーン」と呼べるものがあるというのが実に感慨深い(「Wintermoon」のセリフにはグッときました)。
いい意味で映画的なストーリーと演出、ゲーム性のある謎解きが楽しめる傑作クエストと言えるでしょう。


オマケ。
「Wintermoon」に惚れた! なのに何でせっかくコンパニオンにしたのに、普通の「Ebony Armor」着てるの!?という不満をお持ちの方へ。

CSでいじれば、「Wintermoon」にクエスト中で着ていた鎧を着せることが出来ます。
実は「Wintermoon」のあの鎧はプレイヤーキャラが扱えない設定になっているので、その設定を外してやればいいのです。
その後、最後に現れる「Wintermoon」のキャラデータのインベントリに、設定し直した鎧をぶち込みます。

Oblivion1972.jpg
これでコンパニオンになる「Wintermoon」が、クエスト中で着ていた鎧を着てくれることになります。
なぜこうなっているのかというと、「Wintermoon」がクエスト中に着ていた鎧はとんでもなく耐久度が高いので(クエスト中に壊れて脱いでしまうのを防ぐためと思われる)、プレイヤーキャラには扱えないようにしたのではないかと。
Bruma城で着ていたドレスも、同様の作業で着せることが出来ます。

「The Heart of the Dead」のコンパニオンは、他のコンパニオンMODと比べるとプレイヤーの自由度が不足している感もあるかもしれませんが、何よりフルボイスで喋るところが素晴らしい。
長編クエストをこなした後なので、キャラクターへの感情移入も一際高まるのではないでしょうか。

Blood&Mud クエスト攻略

「Bravil」の景観をガラリと変えることで有名な、「Blood&Mud Dirt Deluxe Anglais」のクエストの攻略です。
残念なことに日本語化はされていないMODなのですが、「Oblivion Wiki」などでも詳細に攻略されているので、ここでは簡単にクエストの流れを説明していきます。

「Blood&Mud Ⅰ The Blade of the Godess」
開始条件:「Bravil」にある「The Red Mare」のベッドで寝ます。

Oblivion1884.jpg
「The Red Mare」の噂を聞くか、家の前あたりにいる「Sylvia」と話しておきます(100G取られます)。いわゆる売春宿?
ベッドで寝ると画面が真っ暗で話し声だけが聴こえる演出になります。

ジャーナルが更新されたら、「Ma Syd Jun」の店に行きます。

Oblivion1885.jpg
「Ma Syd Jun」から「The Frogotten Realm」を購入します。購入しなくてもクエストは進められるそうですが…。

Oblivion1886.jpg
「Bravil」の外に出て、街道沿いに南へ向かい、川にかかる橋の近くで咲いているリュウゼツラン(Dragon's Tongue Plant)をたどって行きます。
リュウゼツランを見つけたら、そこから別の位置に咲いているリュウゼツランへ向かって移動していく、というやり方です。
途中で川を越えます。

Oblivion1887.jpg
しばらくリュウゼツランをたどっていくと、砦に行き当たります。

砦の奥へ進み、井戸のような底の見えない穴の中へ落ちます。下は水なのでダメージは負いません。

ここから水の中に潜って奥へ。

水路から出て砦の奥へ。扉の前に「Sayjiid」という男がいます。この男と話しかけるとコンパニオンとなって着いて来るようになります。

Oblivion1888.jpg
話し掛けることで待機させることも可能。
実はこの男、クエストの進行にはまったく関係ないので無理に連れ出さなくてもいいようです。
また、コンパニオンを連れている場合、そのコンパニオンの賞金が1000G以上あると「Sayjiid」がコンパニオンを攻撃してしまいますので注意。

この部屋では「Sayjiid」は放っておいて、各所にあるスイッチボタンを入れていきます。隠し通路が現れてその奥にスイッチがあるというパターンです。
マップを見ながらだとスイッチがどこにあるかわかりやすいかと。

Oblivion1889.jpg
扉の奥へ進むと、「Priest of Ruun」という女性が現れて話をします。
祭壇に「Blade of Namira」があるので取ります。

Oblivion1890.jpg
「Priest of Ruun」が座っている玉座を見て右側にあるNamira像をアクティベートします。主観視点でジャンプしながらアクティベートするとやりやすいかも。

Oblivion1891.jpg
壁が開くので、そこから通路に出ます。通路に像がたくさん並んでいるのですが、その中からNamiraの像をアクティベートします。
「Priest of Ruun」がいる部屋に戻ると別の壁が開いているので、そこに入ります。

迷路を抜けて縄バシゴから地上へ帰還します。

「Bravil」の「Ma Syd Jun」の店に行き、「Ma Syd Jun」と会話するとクエスト完了です。


「Blood&Mud Ⅱ The Bloodscript」
開始条件:「Ⅰ」のラストで「Ma Syd Jun」と会話すると、「Black Arrow」で待ち人がいると教えられます。

Oblivion1892.jpg
「Black Arrow」の2階に「Oron」という人物がいるので話し掛けます(1階にいるのは「Dron」なのでお間違いのないよう)。

「Bravil」の本屋、「Ossla's Scripts」で「Auril's Magic Riddle Rhymes」を購入します。

Oblivion1893.jpg
「Bravil」の教会裏にある墓場から、コンテナになっている墓(Grave of Islan)を探してアクティベート、中から鍵とメモを取ります。

Oblivion1894.jpg
「Old Channel House」へ行きます。鍵が掛かっていますが先ほど墓石から入手した鍵で開けられます。

Oblivion1895.jpg
床の板切れをアクティベートで「Temple Entrance」に入ることが出来ます。

ここも水の中に落ちます。水路から出てダンジョン奥へ。

Oblivion1896.jpg
途中Namira像があったらとりあえずアクティベートしておきます。

Oblivion1897.jpg
敵も出てきます。けっこう強いです。

Oblivion1898.jpg
最奥まで進むと、そこに「The Book of Blood」がありますので入手します。

「Bravil」へ戻り、「Oron」と会話します。
すると、いきなり装備を剥ぎ取られて奇妙な空間へと飛ばされます。

Oblivion1899.jpg
そのまま前進していくと橋がなくなっているのですが、そこから落ちます。ジャンプして遠くに飛んでしまうと進めなくなる場合があるので、そのまま下に落っこちるようにするのがいいです。
いきなりまたワープして、元の部屋に戻ることが出来ます。
この場所にはなぜか「Ma Syd Jun」が船に乗っていたりするのですが、「Ma Syd Jun」のところへたどり着いても助けてはくれないので、無視しましょう。

部屋の中には「Nanya」がいます。会話後、「Nayan」に着いて街の外まで歩いていくことになります。

「Nanya」はかなり遠くまで馬で移動します。見失わないように…。
「Nanya」が途中で止まったら、話し掛けると再び動き出します。岩などに引っ掛かったときも話し掛けるとうまく動いてくれます。

Oblivion1900.jpg
また、到着地点にある「Hall of Lorn」はマップ上では表示されないので、大体の場所を憶えておく必要があります。
なお、一部の環境では「Hall of Lorn」が「Hall of L・n」と表示されるかもしれません。

Oblivion1901.jpg
遺跡内で「Nanya」が止まったら話しかけます。ジャーナルが更新されます。
右へ行くように指示されるので、「Nanya」と別れて右側の通路へ進みます。
ここから敵も出てくるので注意。

Oblivion1902.jpg
途中、道が途切れているところがありますが、ジャンプで飛び移ります。

Oblivion1903.jpg
すると、自分そっくりの像が3体ある不気味な部屋にたどり着きます。
台座に小さなハンドルが付いていますので、これを回します。

開いた壁から通路に入り、奥地でハンドルを回して扉を開けます。

Oblivion1904.jpg
巨大な吹き抜けの寺院内部に出ます。敵も多い上、中央に落ちると即死なので注意。
ここでは上にある青いポータルを目指します。ポータル手前でいきなり橋が崩れるので気をつけましょう。

Oblivion1905.jpg
ポータルで進んだ先に「Oron」がいるので会話します。
すると、「Nanya」が現れて「Oron」と戦うイベントになります。
助太刀して「Oron」を攻撃すると「なぜ攻撃するんだ!?」みたいなことを言われますが、気にせず倒しましょう。

「Nanya」とともにポータルで外へ出ます。
遺跡の外へ出たら「Nanya」と会話して、「The Book of Blood」と報酬がある場所の鍵を受け取ります。

「Bravil」へ戻り、「Ma Syd Jun」の店で「Ma Syd Jun」と会話します。
ここでクエストが完了となります(なぜか完了とならない場合もありましたが)。


「Blood&Mud Ⅲ The Legacy of Ardan」
開始条件:「Ⅱ」のラストで「Ma Syd Jun」と会話すると、「Songbook of Ruun」をもらえます。

「Ⅱ」の報酬が欲しいなら、「old Channel House」の先のダンジョンへ戻り、鍵で開かなかった扉を開けます。
報酬が得られるだけで、クエスト進行には関係ありません。

Oblivion1906.jpg
「Bravil」の道端にいる「Aina the Mad」と会話します。実は会話しなくてもいいのですが、一応しておきましょう。

Oblivion1907.jpg
「Aina」の家に不法侵入します。衛兵に見つからないように。
家の中にある「The Book of Ruun」を入手します。ジャーナルが更新されます。

重要な注意点ですが、「The Book of Ruun」を入手する前に教会前にいる「Nuun」という幽霊に着いていかないようにしてください。「The Book of Ruun」入手前に着いて行って遺跡に入ってしまうと、「OBLIVION」がひどく不安定な状態になります。

「The Book of Ruun」を入手したら、「Ⅱ」で行った「Hall of Lorn」へ戻ります。マップ上にマーカーは付かないので、「Hall of Lorn」の場所は憶えておかないといけません。

Oblivion1908.jpg
マップではこの辺り。

Oblivion1909.jpg
「Hall of Lorn」前に着いたら、遺跡に入らず川に入ります。川岸に別の入り口があるので、そこへ入ります。

遺跡内部の巨大なホールを下へ進みます。中央の地面が見えたらジャンプして移動してもいいです。
この場所で、「Crypt」へ続く扉に入るとCTDしてしまう人は、扉のあるホール内にいる敵をすべて倒してから扉に入ってみてください。
ホールのバルコニー部分へは、別の扉からワープしていけます(そこにも敵がいます)。

Oblivion1910.jpg
「Crypt」の奥で、「The Book of Rites」を入手します。

「Bravil」へ戻ります。夜8時に教会前に行くと「Nuun」という女性の幽霊が現れ、近寄るか話し掛けると移動していきます。
後を着いていくと、「Bravil」から出て街の近くにある城(「Blood&Mud」で追加された小さな城)の城門前に来ます。ここで「Nuun」が止まってしまうのですが、話し掛けると別の場所を目指して動き出します。

Oblivion1911.jpg
川の真ん中まで移動すると、「Nuun」は消えます。その真下の川底に、遺跡(「Ardan's Tomb,Potal」)の入り口があります。

遺跡内に入り、奥へ進むとジャーナルが更新されます。
ここがこの「Blood&Mud」のクエストの最大の難関です。祭壇部屋の奥にある壁を開けねばなりません。

まず、これまで入手してきた3冊の本(「The Book of Blood」、「The Book of Ruun」、「The Book of Rites」)を所持しておきます。
そして23時55分から24時までの間に、祭壇にくっついた状態で開く壁を見ながらインベントリを開いて、3冊の本をそれぞれ開きます。
インベントリを閉じると、前方にある壁が壊れていくはずです。

Oblivion1912.jpg
(ただしよくバグが起こってしまうようで、もし壁が壊れなかったらコンソールコマンドのtclで抜けろ、とのことです…)

壊れた壁の奥へ進みます。
不気味な祭壇がまたあるはずです。

Oblivion1913.jpg
ここでは、この祭壇の上に立つと、一方の壁の一部が開いて奥へ進めるようになります。
骸骨が少々邪魔ですが、何とか祭壇の上に立ちましょう。

開いた壁から奥へ入ると、横長な部屋に来ます。
ここで注意点ですが、部屋に入って左側へ進んでいくと奥へ進む通路があります。
この部屋に入った途端に壁が閉まって鍵が掛かった扉になってしまい、出られなくなるので、普通に左の通路へ進んでしまいそうになるのですが、進んでしまうと延々と罠の部屋を進んでいくことになり、しかも一周して元の祭壇の部屋へと戻ってしまいます。

横長の部屋では、入って右側の何もない壁へ近寄ってください。

Oblivion1914.jpg
特定の地点へ行くと、床に文字が現れて壁が開きます。
奥に扉があります。

「Entrance to the lower level」に入って進んでいくとすぐGateで行き止まりになりますが、踏み床を踏めば開いていきます。
映画「エイリアン」を彷彿とさせる卵だらけの巨大なホールの通路を進んでいくと、鍵の掛かったGateで行き止まりになります。

Oblivion1915.jpg

Oblivion1916.jpg
ここは卵だらけの床へ降りて、一箇所ある壁際の踏み床を踏むとGateが開きます。

Oblivion1917.jpg
踏み床はマップではここ。

開いたGateの奥に扉があるので入ります。

扉の奥は迷路になっています。
私もぐるぐる迷っているうちに扉へ行き着いたので、申し訳ないですが自力で抜けてください(すいません)。このエリアではマップが使えなくなっているので、抜けるのは非常に困難ですが…。

Oblivion1918.jpg
目指すのは「Chamber」への扉です。

「Chamber」へ入ってしばらく進むと、玉座の部屋に来ます。
「King Ardan」がいるので近寄ると、向こうも近寄ってきて何やら話し始めます。音声のみで字幕は表示されません。

Oblivion1919.jpg
ここで、私の環境では「King Ardan」が話し終えるとCTDしてしまう事態になってしまいました。
おそらく、話し終わるのを待たなくてもいいと思いますので、適当なとこで「King Ardan」を攻撃してください。
「King Ardan」はまたも「なぜ攻撃する!?」みたいなことを言いますが、無視して倒してください。それがクエストの目的です。

倒したら、玉座の裏側の壁へ行くと壁が一箇所開きます。そこから奥へ。

遺跡のミニチュアがある部屋を抜け、神々の像がある通路を通ります。自動で開いていくGateを抜けます。

通路はやがて「非常に困難」なロックのかかったGateへ行き着きます。ここはロックピックで開けることも出来ますが、結局は鍵の必要な扉で行き止まりになってしまいます。
ここを抜けるには「非常に困難」なGateの近くの通路にNamira像があるので、それをアクティベートして下さい。
近くの壁が開くので、そこから奥の扉へ入ります。
「Ardan's Tomb,Potal」の最初の部屋へ出ますので、入ってきた扉から外へ出ます。もちろんそこは川の中です。

「Bravil」へ戻り、「Ma Syd Jun」の店で「Ma Syd Jun」と会話すると、クエスト完了となります。
お疲れ様でした!

クエストの報酬は、「Bravil」の横にあるあの城です。城へ行くと、城主として中の人間が迎えてくれます。

Oblivion1920.jpg

Oblivion1921.jpg
プライベートルーム。広々。


とにかく、これほど自力で解くのが難しいクエストも他にないといった感じです。
残念ながら未翻訳であったり、次の目的地を示すマーカーがなかったりするのが難しさに拍車をかけています。
ですが、ダンジョンや遺跡のダークな雰囲気は最高。クエストを解いていく楽しさも十分味わえます。
所々「あれ?」と思う部分もあったりするのですが(「Sayjiid」とか「Marwen」とか)、クエストとしても完成度の高いMODであると思います。
ただ、どうせならせっかく変貌を遂げた「Bravil」の街や追加されたNPCと、もっと関わりたかったというのもあったりします。
ダンジョンも魅力的ですが、退廃度を増した「Bravil」の雰囲気も素晴らしいと思いますし、クエストには関わらない追加NPCなどがいるのももったいない感じ(「Marwen」はヒントを言うらしいですが)。
ダンジョン攻略は久々に骨のある作りで、実際にその場所にいて探索しているかのような没入感と、その結果謎が解けないあまりの絶望感を何度も味わってました。
悪いタイミングでフォーラムが落ちてるときにプレイしていたので、海外の他の攻略情報を集めるのも苦労しました。
MOD制作チームがドイツの方々なので、ドイツ語で書かれたコメントを翻訳したりとか…初めてやりましたよ(笑)。
しかし本当に面白かったです。あの彩度を落とした色合いの遺跡内部は本当に印象的で、どこかで見たような光景もちらほらとはありましたが、こと「その場の雰囲気」はどこもかなりの作り込みであったと思います。
そしてクエストの謎解きも、さすがにスポイラー(攻略情報のことね)などを見回らないと自力で解くのはほぼ不可能な気がするのですが、参考にしながらでも謎を解いていくのはクエストにかなり没入感を増してくれました。
1冊の本を見つけるのがこれほど嬉しいとは。そして、その喜びのあとの「この先はすんなり進めるんだろうか?」という不安感と、行き着いた場所での「どうやってここから先へ進むんだ…」という絶望感。
スポイラーあってこその評価になってしまうのは少々残念ですが、遺跡探検好きな私にとっては忘れられないクエストとなりそうです。
また最初からやり直してみたいくらい。

MODクエスト覚書き

いろいろとMODクエストをやってました。
攻略記事を書く余裕がないので、適当に感想や気になった点・バグなどを。
あとで、SS貼りまくって個別に記事作るかもですが。

The Dungeons of Ivellon
評判通り凄い内容でしたが、ここまで設定が壮大ならNPCとか出してストーリー性持たせてもいいんじゃないかと思ってしまった。
悲惨な末路を辿った地下の砦を延々と探索するのは、あまりに孤独すぎて恐怖感を持つほどでした。

Kvatch Rebuilt
展開がいろいろあって復興したKvatchの街も美しく、これは外す気になれない良作MOD。
クエストが一部、環境によっては無理難題になってしまうのがつらい。クリーチャーのID情報知ってないとちょっと無理では…。
あと、NPCを追加するMODがある環境に慣れてしまうと、復興した街にいる人が少なくて寂しく思えてしまったり。

The Duke of Cheydinhal: Ring of Vampirism
うちはScorn’s Vampirismを入れているのでヴァンパイアscriptの問題が怖かったのですが、結局最後に入手する指輪を装備しなければ大丈夫でした。
クエストとしてはかなりの短編で、ややあっさりと終わります。

GATES TO AESGAARD - EPISODE 1
ひたすらダンジョンを突破していくホラー系クエストですが、面白かったです。
巷で言われてるほどの恐怖感はなかったですが(Ivellonの方が怖い気がする…)、ステージが凝っていて背景を見てるだけでも楽しい。
なぜか日本語化パッチが当たらず、攻略しているサイトも多いので英語のままで進めてました。

Gates to Aesgaard - Episode II: The Fifth Element
こちらはネット上で日本語化パッチを見つけたのでプレイ。問題なく日本語化。
ホラー要素は減りましたが、ステージはEPISODE 1以上に凝っていて素晴らしい出来。
難点を挙げるとすれば、あまりにダンジョンが連続するのでさすがに終盤は緊張感が無くなってくるあたりか。

The Lost Spires
これも素晴らしい完成度。考古学ロマン的な遺跡探索を堪能出来ました。
プレイヤーキャラはあくまで力仕事用の人材扱いな演出の上手さも見事。
ラスボス戦後の脱出シーンで、瀕死状態になったときにScorn’s Vampirismの効果でスローがかかったのがいけなかったのか、変にセーブしたらそれ以後、どのセーブファイルをロードしてもスローがかかったままになってしまった。
結局スローがかかったままラスボス戦をやり直すと、元に戻りましたが…。

Jannix Quinn's Assassin Quest
淡々と暗殺業務を繰り返すクエスト。暗殺依頼の理由は不明のまま仕事を続けていくので、善人プレイされている人には不向きかも。
端金のために暗殺する、という事実が、最後にはプレイヤーキャラに突きつけられます。
毒リンゴ販売はShady Samのすぐそばに置いてある樽をクリック。

The Town of Bartholm
羊追いのクエストだけ発生せず。はて。
The Siege of Slartholmのクエストで、率いていた隊員が全滅したので一旦村へ戻って少佐と話し、翌日隊員が補充されてから進めたら、ジャーナル更新のバグ発生で詰んでしまった。
ロードし直して隊員を戦闘に参加させず、一人でMaormer達を倒して進めると、上手くいきました。
A Bartholm Ghost Storyでも、Eranyonが存在しているのにグラフィックが表示されず、マーカーを頼りに位置を探し出し、話し掛けることでグラフィックが表示される、というバグが。
ひょっとするとEranyonは透明化してたのかも知れませんが、だとすると余計意味がわからない。
The Scroll of the Arrow-proof Monkは受けると延々と刺客が襲ってくることになりますが、このMODを外すとそれ以後セーブが出来なくなるというバグの原因はこれじゃなかろーか?
アリーナクエストも完了扱いにならず続いていくことになるし、外すのがちょっと怖い…。

Hoarfrost Castle
これは完成度が高く、地味ですが傑作だと思います。
城を入手してからの使用人集めのクエストが、それぞれバックストーリーが用意されていて印象的なキャラクターも多く、丁寧に作り込まれている感じを受けました。
最後はちゃんとラスボスも用意されていてきちんと終わるのもいいですね。
城も、他の自分専用建物追加MODと比べても、かなり使いやすいのではないでしょうか。ワープアイテムを許容出来るかどうかですが。

Verona House: Bloodlines
屋敷入手の地味なクエストかと思いきや、メインクエストの続編的な非常に内容の濃い長編クエストMOD。
真面目にメインクエストくらいのボリュームが…凄いの一言。
それゆえなのか妙なバグも多く、また、作り込みがやや甘いため、進め方によってはクエストの進行がギクシャクしてしまったり、背景グラフィックがおかしかったりするところも。
ストーリーは非常に面白いのでもったいない。惜しい。
うちは日本語化パッチが当たりませんでしたが、これ密かにバージョンアップしてませんかね…?
Zam Hackblettを尾行するクエストでは、夜10時前後ではなく、それより遅い23時~2時あたりの深夜にZamが自宅から走って出てきたらVerona Bayに向かいます。
21時過ぎあたりに歩いて出てきた場合、帝都から出た橋の上で止まってしまい、走って自宅へ引き返してしまうことが多いようです。このあたりはバージョンアップして変更されたのかな?
擬似吸血鬼化するという薬は、うちのキャラはScorn’s Vampirismの吸血鬼なので怖くて飲めませんでした。
飲まなくても砦に突入すればクエストは進みます(夢のイベントは見られませんが)。ただ、クエストの進み方がギクシャクしてしまいます。クエスト自体は目標のアイテムを入手すればちゃんと進みます。これも以前のバージョンとは変更されているのかもしれません。
また、ひとつのクエストを完了させると、その時装備していた装備アイテムの色合いがおかしくなるバグ?が。これは遠い場所へFast Travelすることでなぜか直りました。
Oblivion界から戻れないバグも。ジャーナル上では戻ったということになっているのに、キャラは塔の中で立ったまま。仕方なく、入り口に引き返して戻りました。
街道に街を追加するMODなので、PCスペックがないとかなり重くなります。街自体も重いですし、街道に近寄るだけで重いのでCTDを起こしやすくもなります。
クエスト完了後にMODを外してみましたが、その後にセーブ出来なくなるエラーが発生してしまいました。屋敷の使用人を雇うscriptが問題を起こしてしまう場合があるのかも。
結局、このMODを導入する前のセーブデータしか使えなくなってしまいました。

Glenvar Castle
日本語化されていませんがプレイしてみました。序盤で岩の壁を動かすところは、ボタンに視線を合わせてもアイコンなどは出ないので、そのままクリックすれば壁が開きます。
岩場にあるというダークエルフの死体は、城の近くの池にかかる小さな橋を渡ってすぐのあたりにあります。
うちは主観視点を変更していたためか、メモがとんでもないほど取りづらく、コンソールでtclしてメモに近寄って取りました…。
が、残念ながらLet the People Drinkと密かに競合してしまうようで、「Glenvar CastleのCharcoal Cave」に入ることが出来ず、その前に別のトラブルでこのMODをやり直したばかりだったのもあって、そこで止めてしまいました。

Castle of night
Dracula探して城に潜入したら、自分がVampireなのがいけなかったか、他のVampireたちに気軽に話し掛けられるわ戦闘してても相手が逃げ出してしまうわで、何だか自分が平和に暮らしてるVampireたちを襲撃に来た略奪者の気分になってしまい、その気分のまま終わってしまいました。
プロフィール

Lemmy360

Author:Lemmy360
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。