スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わり

まさか自分までこういう記事を書くハメになるとは思いませんでしたが、先月PCが故障、リカバリすることに。
「OBLIVION」のデータなんかはバックアップ取ってはいましたが、MODだらけの環境を再構築するとなると…。

MODだけならまだいいのですが、キャラもいろいろいじってたので、それを再現するのが面倒。
歩きや戦闘モーションも独自にいじって変更してたし、それに伴って名称も忘れたツール使ってデータ修正したりなぞしていたわけで、以前と完全に同じ環境にするにはかなり大変なんじゃないかと。

今のとこ、途方もない作業量を前にして完全に放置中です。
ある意味、PCゲームの難点かもしれません。「BLOODRAYNE2」は真っ先に復元したんですがね…まぁ、作業量が違いますからね。
とは言え、コンシューマゲームもセーブデータが消えればそれで終わりなわけで、RPGっていうジャンルそのものの限界点なのかも知れません。
オンラインゲームだとデータはサーバーにあるわけで、リカバリしてもインストールだけで済むから楽ですがね…。

そんなわけでこのブログも休止となります。
冒険の終わりは意外とあっけないものです。そして物語の再開は、いつとも知れないものなのです。
スポンサーサイト

MODクエスト覚書き

いろいろとMODクエストをやってました。
攻略記事を書く余裕がないので、適当に感想や気になった点・バグなどを。
あとで、SS貼りまくって個別に記事作るかもですが。

The Dungeons of Ivellon
評判通り凄い内容でしたが、ここまで設定が壮大ならNPCとか出してストーリー性持たせてもいいんじゃないかと思ってしまった。
悲惨な末路を辿った地下の砦を延々と探索するのは、あまりに孤独すぎて恐怖感を持つほどでした。

Kvatch Rebuilt
展開がいろいろあって復興したKvatchの街も美しく、これは外す気になれない良作MOD。
クエストが一部、環境によっては無理難題になってしまうのがつらい。クリーチャーのID情報知ってないとちょっと無理では…。
あと、NPCを追加するMODがある環境に慣れてしまうと、復興した街にいる人が少なくて寂しく思えてしまったり。

The Duke of Cheydinhal: Ring of Vampirism
うちはScorn’s Vampirismを入れているのでヴァンパイアscriptの問題が怖かったのですが、結局最後に入手する指輪を装備しなければ大丈夫でした。
クエストとしてはかなりの短編で、ややあっさりと終わります。

GATES TO AESGAARD - EPISODE 1
ひたすらダンジョンを突破していくホラー系クエストですが、面白かったです。
巷で言われてるほどの恐怖感はなかったですが(Ivellonの方が怖い気がする…)、ステージが凝っていて背景を見てるだけでも楽しい。
なぜか日本語化パッチが当たらず、攻略しているサイトも多いので英語のままで進めてました。

Gates to Aesgaard - Episode II: The Fifth Element
こちらはネット上で日本語化パッチを見つけたのでプレイ。問題なく日本語化。
ホラー要素は減りましたが、ステージはEPISODE 1以上に凝っていて素晴らしい出来。
難点を挙げるとすれば、あまりにダンジョンが連続するのでさすがに終盤は緊張感が無くなってくるあたりか。

The Lost Spires
これも素晴らしい完成度。考古学ロマン的な遺跡探索を堪能出来ました。
プレイヤーキャラはあくまで力仕事用の人材扱いな演出の上手さも見事。
ラスボス戦後の脱出シーンで、瀕死状態になったときにScorn’s Vampirismの効果でスローがかかったのがいけなかったのか、変にセーブしたらそれ以後、どのセーブファイルをロードしてもスローがかかったままになってしまった。
結局スローがかかったままラスボス戦をやり直すと、元に戻りましたが…。

Jannix Quinn's Assassin Quest
淡々と暗殺業務を繰り返すクエスト。暗殺依頼の理由は不明のまま仕事を続けていくので、善人プレイされている人には不向きかも。
端金のために暗殺する、という事実が、最後にはプレイヤーキャラに突きつけられます。
毒リンゴ販売はShady Samのすぐそばに置いてある樽をクリック。

The Town of Bartholm
羊追いのクエストだけ発生せず。はて。
The Siege of Slartholmのクエストで、率いていた隊員が全滅したので一旦村へ戻って少佐と話し、翌日隊員が補充されてから進めたら、ジャーナル更新のバグ発生で詰んでしまった。
ロードし直して隊員を戦闘に参加させず、一人でMaormer達を倒して進めると、上手くいきました。
A Bartholm Ghost Storyでも、Eranyonが存在しているのにグラフィックが表示されず、マーカーを頼りに位置を探し出し、話し掛けることでグラフィックが表示される、というバグが。
ひょっとするとEranyonは透明化してたのかも知れませんが、だとすると余計意味がわからない。
The Scroll of the Arrow-proof Monkは受けると延々と刺客が襲ってくることになりますが、このMODを外すとそれ以後セーブが出来なくなるというバグの原因はこれじゃなかろーか?
アリーナクエストも完了扱いにならず続いていくことになるし、外すのがちょっと怖い…。

Hoarfrost Castle
これは完成度が高く、地味ですが傑作だと思います。
城を入手してからの使用人集めのクエストが、それぞれバックストーリーが用意されていて印象的なキャラクターも多く、丁寧に作り込まれている感じを受けました。
最後はちゃんとラスボスも用意されていてきちんと終わるのもいいですね。
城も、他の自分専用建物追加MODと比べても、かなり使いやすいのではないでしょうか。ワープアイテムを許容出来るかどうかですが。

Verona House: Bloodlines
屋敷入手の地味なクエストかと思いきや、メインクエストの続編的な非常に内容の濃い長編クエストMOD。
真面目にメインクエストくらいのボリュームが…凄いの一言。
それゆえなのか妙なバグも多く、また、作り込みがやや甘いため、進め方によってはクエストの進行がギクシャクしてしまったり、背景グラフィックがおかしかったりするところも。
ストーリーは非常に面白いのでもったいない。惜しい。
うちは日本語化パッチが当たりませんでしたが、これ密かにバージョンアップしてませんかね…?
Zam Hackblettを尾行するクエストでは、夜10時前後ではなく、それより遅い23時~2時あたりの深夜にZamが自宅から走って出てきたらVerona Bayに向かいます。
21時過ぎあたりに歩いて出てきた場合、帝都から出た橋の上で止まってしまい、走って自宅へ引き返してしまうことが多いようです。このあたりはバージョンアップして変更されたのかな?
擬似吸血鬼化するという薬は、うちのキャラはScorn’s Vampirismの吸血鬼なので怖くて飲めませんでした。
飲まなくても砦に突入すればクエストは進みます(夢のイベントは見られませんが)。ただ、クエストの進み方がギクシャクしてしまいます。クエスト自体は目標のアイテムを入手すればちゃんと進みます。これも以前のバージョンとは変更されているのかもしれません。
また、ひとつのクエストを完了させると、その時装備していた装備アイテムの色合いがおかしくなるバグ?が。これは遠い場所へFast Travelすることでなぜか直りました。
Oblivion界から戻れないバグも。ジャーナル上では戻ったということになっているのに、キャラは塔の中で立ったまま。仕方なく、入り口に引き返して戻りました。
街道に街を追加するMODなので、PCスペックがないとかなり重くなります。街自体も重いですし、街道に近寄るだけで重いのでCTDを起こしやすくもなります。
クエスト完了後にMODを外してみましたが、その後にセーブ出来なくなるエラーが発生してしまいました。屋敷の使用人を雇うscriptが問題を起こしてしまう場合があるのかも。
結局、このMODを導入する前のセーブデータしか使えなくなってしまいました。

Glenvar Castle
日本語化されていませんがプレイしてみました。序盤で岩の壁を動かすところは、ボタンに視線を合わせてもアイコンなどは出ないので、そのままクリックすれば壁が開きます。
岩場にあるというダークエルフの死体は、城の近くの池にかかる小さな橋を渡ってすぐのあたりにあります。
うちは主観視点を変更していたためか、メモがとんでもないほど取りづらく、コンソールでtclしてメモに近寄って取りました…。
が、残念ながらLet the People Drinkと密かに競合してしまうようで、「Glenvar CastleのCharcoal Cave」に入ることが出来ず、その前に別のトラブルでこのMODをやり直したばかりだったのもあって、そこで止めてしまいました。

Castle of night
Dracula探して城に潜入したら、自分がVampireなのがいけなかったか、他のVampireたちに気軽に話し掛けられるわ戦闘してても相手が逃げ出してしまうわで、何だか自分が平和に暮らしてるVampireたちを襲撃に来た略奪者の気分になってしまい、その気分のまま終わってしまいました。

続・最近は

Oblivion1852.jpg
仕事が忙しかったりしてすっかり「OBLIVION」も放置状態。
先日1ヶ月ぶりくらいに「OBLIVION」を起動しましたが、「Kvatch」から「帝都」まで馬で移動したくらい。
なぜに「Kvatch」かと言えばMODクエストの「Kvatch Rebuilt」をやってたからなんですが、これあまりに有名なMODなのでいまさらウチで攻略記事書くのも…という感じが。
同じような理由で、「The Dungeons of Ivellon」もやりましたがいまさら攻略もな~~と思うので、どうしたもんかと考えてるうちに時が過ぎていっています。
ちょこちょことでも記事を書いていってアップできたら次のクエストやろうかと…。

最近は

Oblivion1549.jpg
公式クエストをほぼ終えた後(いくつかアイテム集めものが残っていますが)、これで「OBLIVION」もMODクエストだけかぁ、などと思っていたのですがこのMODクエストが物凄い充実振り。
ショートクエストを中心にプレイして攻略記事なんかも書いてきたりしましたが、まだまだ長編もののMODクエストがゴロゴロしており、今後も「OBLIVION」の世界にドップリのようです。

すでにプレイ時間は465時間を超えました。それによるスローモーション現象のバグをWryeBashにて修正、これもすでに2回行っています。

これほどまでにプレイ時間が長いのは、以前やっていたMMORPGに次ぎます。
今年に入ってからプレイしていたゲームはどれも一週間と持たずにクリア、次のゲームへ…と消費を繰り返していたので、もっとじっくりとプレイ出来るゲームはないかと思って「OBLIVION」を始めたわけですが、これほどまでにハマるとは。

キャラクターのレベルは57になりました。これは「Legendary Mastery」というMODを入れています。
プレイヤーキャラとしてかなり満足のいくキャラクターになりましたが、プレイ中は肝心の吸血鬼らしいことがあまり出来ないので(「Bottle of Blood」を飲んで回復する時くらい)、そのうち夜しか行動しないとかの縛りプレイでもしてみようか、
と考えています。

現在は「Kvatch Rebuilt」をやりながら合間にショートクエスト的なMODクエストをやる、という形になっています。
長編ものに手を出したらちょいと面倒なことになりそうです。その前に「Kvatch」が復興してくれないものか…。

ところで「Kvatch Rebuilt」を導入したら、すべての宿屋での会話で「Bed」についてのやり取りが英語になってしまいました。
「Cheydinhal」のあのダークエルフの女将など、「Bed」に関するボイスが聴こえなくなりました。
「Kvatch」復興のためなら…とそのまま導入してはいますが、困ったもんです。

当ブログで攻略してきたクエストMODについていくつか後日談ですが…。

まず「Lynge's Stories From The Sea Mod」の「Ayantatar」遺跡、その後もCSにていろいろ調べてみたのですが、どうも「Ayantatar Crystal Axe」はどこにも置かれていないようです。
ということは宝箱に入っているのか、NPCが持っているのか、あるいはイベントで入手するのか、といったところなのですが…。
宝箱やNPCを調べてみても、「Ayantatar Crystal Axe」はどこにも無し。
イベントはScriptを使うオブジェクトで、ゲーム内で見ていないものが「Ayantatar Ruin」と「Ayantatar Sacred Halls」にひとつづつありました。
ところが、このふたつのオブジェクトのScriptを「発動」させるScriptを持ったオブジェクトがない。
例えば、「Ayantatar Ruin」の扉を隠している壁は、別の壁にあるマークのScriptを発動させることによって、扉を隠している壁のScriptが動くわけなのですが…。

Scriptが見つかったオブジェクトは床と壁なのですが、床の方は中に入ることが出来るようにはなっていました。
ただ、なぜか一方の壁のテクスチャがなく、透明な壁になっていました。
ということは例え床が動いたとしても、中に入るとかではないのでしょう。また、中にはアイテムなどは何もありませんでした。
壁の方は、これまたほんとに何もありませんでした。
しかしScriptがあるからには、何かがあるのでは?と思っているのですが…。
「Ayantatar Core」での「浄化」も何か意味があるはずですし…。

ひょっとして「浄化」を受けてから「Ayantatar Ruin」と「Ayantatar Sacred Halls」に戻って何かするのかも?と思い、導入していた「Purge Cell Buffers」というセルバッファクリアをするMODが悪さしてるんかな?と勘ぐって外してみたのですが、何も変わりませんでした。
「The Old Crow Inn」でエリア移動した先の鉄格子が開いてなかったのは、「Purge Cell Buffers」のセルバッファクリアのせいではないかと思ったのですが…。

この「Purge Cell Buffers」はうちの環境では外した方がいいようで、外したらえらくエリア間の移動がスムーズになりまして…というかゲーム開始初期の頃に戻っただけですが。

「Ayantatar Crystal Axe」はほんと難問です。CSで調べてもわからないというのは辛いです。
スクリプトが読めるようにならないとちょっと無理っぽい。
ゲーム内ですでに入手された方からしたら、「何やってんだ?」というところでしょーけれど。

「Bandit Sex Slave Trade Part1」の宝物庫への扉の鍵や、「The Old Crow Inn」の「Duncan」が持っていた鍵の使い所も未解決。
物があるからにはどこかで使うのでしょうが…。

「OBLIVION」の必要悪CTDはクエスト系のMODを入れてそのままにしているせいか、けっこう頻繁に起こるような感じです。
ただ、起こる時は連続して起こるけど、起こらない時は「Anvil」から「帝都」まで一度もCTDを起こさずに走って来られることもあったりします。
…逆に言えばそれだけCTDが起きまくっています。街道を走る時は戦闘のたびに一旦クイックセーブして進まないと、何度も同じところを走るはめにほど。
どうもうちの環境では、エリア移動時にCTDするケースが一番多いようです。
街道を走っている時か、あるいは街に入ろうとした時にCTDが起こりやすい。
無論、野外での戦闘中や、インベントリでアイテムを使おうとした時にもよく起こったりします。

また、クイックセーブするとCTDを起こすようになってしまい、「OblivionWiki」に載っていたquicksave.ess.bakをリネームする方法で修復するハメになったこともありました。
クイックセーブが出来なければうちの環境では街道を走ることがほぼ出来ないので、ああいうトラブル解決記事は本当に助かりますね。

その一方で、MODクエストに関して詳細な攻略記事を掲載されているブログがあったのですが、つい先日閉鎖されてしまったようで…これは実に残念。
貴重な情報が載っていただけに、そうした情報がもう2度と読めなくなったのかと思うとネットの世界のはかなさを考えてしまいます。
2009年の今に「OBLIVION」を楽しくプレイ出来ているのも、貴重な情報を掲載している多数のブログ・サイトがあってこそ。
「OBLIVION」はシングルプレイのゲームですが、こうした部分についてはMMORPG的なのかも知れません。

「The Fight for Castle Ravenpride」は攻略記事で酷評しましたが、ダンジョンや城などは非常に素晴らしい出来だと思います。
もう少しバックストーリーが引っ込んでてくれればね…。
あと、意図的にプレイヤーを苛立たせるように作られている演出・場面が多々あるのもどうかという気が。
勇者様としていい気分にさせろ、というわけではないのですが、ストーリーから完全に置いてけぼりにされる感だけは何とかして欲しかった。

「Dragon InvasionⅡ」で「Aratthol Eldmar」の装備の表示がバグるのは、「OBLIVION」をデフォルトの場所にインストールしていない場合なのではないか?と思ったのですがどうなんでしょうね。
けっこう、他の人でもこのバグは起こっているようで、ありえるとしたらこんなところではないかと思うのですが…。

今後攻略を予定しているクエストMODはまだまだたくさんあるのですが、どうも導入出来そうにないものもあるので、列挙してみましょう。
「OOO」
「OOO」にも追加クエストがありますし、環境としても導入したいのですが…。
クリーチャーのレベルが固定になるそうで、そうするとレベル57までいっちゃってる私のキャラだとそれこそ無敵になるんじゃ?と思うので今のところ導入は見送ってます。
ぶっちゃけ今は「OBLIVION」の難易度を最高にして何とかゲームになるくらいなので、これで敵クリーチャーのレベルが下がるとかだと自分が強すぎてゲームにならなくなってしまいます。
新しいキャラ作る気も今のところないですし…。
新キャラを作っても環境は共通になるわけで、そこが「OBLIVION」のつらいとこですね…。
キャラに合わせた環境作りとか出来ればいいんですが。

「Mighty Umbra」
「Umbra」のクエストを強化してさらに…というMODですが、すでに「Umbra」は終わってしまったのと、武器として「Umbra」を使わなければならなくなるのがロールプレイ的にキツすぎ。
愛用の剣に合わせて戦闘モーションもいじってるので、それをいまさら変えるのも面倒だし…。

「The Duke of Cheydinhal/Ring of Vampirism」
吸血鬼ものなのでぜひプレイしたかったのですが、うちの環境では「Scorn’s Vampirism」を入れているのでScriptの問題が…。
最後に指輪をはめなければいいだけなんじゃないかと思うのですが、「The Duke of Cheydinhal/Ring of Vampirism」を外しても不具合が残った、というトラブルも報告されていますし、何が起こるかわからないので導入は見送り。
吸血鬼Scriptがいかれると非常に困るので。

「Ruined Tail's Tale」
これもかなりやってみたいのですが、長時間かかってしまうのと、MODの内容がロールプレイ的に合わないのが…。
うちのキャラは「Argonian」を連れて歩く柄ではないですし、また「Ruin」と同じ暗殺者設定なので、MODの内容と微妙にズレてしまう。
これも新しいキャラ作ってプレイするべきなんですかね。

まだまだ黒衣の女吸血鬼の冒険は続きます。果たしてその行き着く先は…。

遺跡探索

「Lynge's Stories From The Sea Mod」の3つ目のクエストを解く鍵を探してみました。

Oblivion1048.jpg
で、「Bravil」の宿屋で「Songs From The Sea」という本と、「Missing Sailor!」という手紙?を発見。
「Songs From The Sea」は先日解決した「The Oceanfloor Pearl」に関するもので、「Missing Sailor!」は…

Oblivion1049.jpg
こんな内容。

消えた水夫が遺跡と関係あるんでしょうか…。

なぜ私が遺跡を捜しているのかというと、「Lynge's Stories From The Sea Mod」に同封されていたスクリーンショット集(各クエストのスナップが3枚)に、「Ruins of Ayantatar」というスナップがあるから。
3番目の最後のクエストは、この遺跡を探るクエストであるはずなのです。

Oblivion1050.jpg
この「Songs From The Sea」と「Missing Sailor!」は「Bravil」のもうひとつの宿屋にも置いてありました。

というわけで「Bravil」周辺を徹底捜索。

Oblivion1051.jpg
まずは川を探るため、「Phinix Waterfix」という水質を改善するMODを導入。
これでデフォルトではかなりにごった川の中も綺麗に見渡せるように。
これの効果は抜群で、デフォルトでは見えなかったものがけっこう発見出来ました。

Oblivion1052.jpg
この「Clams」からは真珠が取れます。川底のあちこちにあるようです(今まで知らなかった…)。

Oblivion1054.jpg
「The Oceanfloor Pearl」の沈没船の近くにボートが沈んでいるのも発見。
鍵付きの樽もありました(鍵は持っていたもので開けられました。中身は普通のアイテム…)。

Oblivion1055.jpg
「Giant Clam」はちゃんと貝だったのですね…デフォルトでは何があるのかさっぱり見えませんでした。

Oblivion1053.jpg
さらには泳ぐ「Argonian」メイジも!!
…と思ったら、これは山賊がなぜだか川に落ちてただけだったようです…。

「Phinix Waterfix」に限らず、水質改善MODはたくさんあるようですが、これは絶対導入した方がいいなと感じました。

Oblivion1056.jpg
時間と環境によっては川がこんな青一色に見えてしまう時もありますが…。

ただ、本来見えるはずのものが見えないデフォルト状態は少々問題があるように思えるので、水質改善MODは導入した方がいいとつくづく思いました。
ちなみに、FPS低下などはほとんど感じませんでした。
水面がそんなにくっきり透明になるわけではないですし、潜った時に視界がハッキリしている、っていう感じでした(「Phinix Waterfix」の場合)。

さて遺跡探索なのですが、あの泳ぐ「Argonian」たちがいた洞窟も再度調査してみたのですが、ほんっとに何もありませんでした。

正直、長時間洞窟と川底を調査して、捜すべき場所はここではないのではないか?と考えるようになってきました。
それか、これはもっとも恐れていることなのですが、「Argonian」がいる洞窟でバグがあって必要なものが表示されていない、ということもありえます。

そこで、解決した2つのクエストから考えてみることにしました。
「The Oceanfloor Pearl」は川を泳いでいたらボートを発見、そこから川底まで潜って沈没船と遺跡を発見、という流れでした。

「The Flying Dutchman」は、ぶっちゃけ日本語化パッチに同封されていたクエスト開始位置の画像を見ました。
これも、「Leyawiin」付近の川岸を歩いていると見つけられるものでした。

ということは、3つ目の「Ruins of Ayantatar」もどこかを歩いていると手がかりが見つかる、といった類いのものではないでしょうか。

で、その場所ですが、「The Oceanfloor Pearl」が「Bravil」、「The Flying Dutchman」が「Leyawiin」ですから、残った港町は「帝都」の「Water Front」か、「Anvil」の港町しかない。
というわけで、明日は「帝都」と「Anvil」を調査してみることにします。

しかし、ほんとに遺跡探索してるみたいな気分になってきたなぁ…。
これでちゃんと「Ayantatar」遺跡を見つけられたら、このクエストMOD高評価になるんですが…。
プロフィール

Lemmy360

Author:Lemmy360
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。