スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にプレイ日記

半年ぶりくらいに「OBLIVION」を遊んでみました。
起動方法やら操作とかけっこう忘れてました。すぐには思い出せましたが…。

Oblivion1853.jpg
美しき「OBLIVION」の世界。

MODクエストなどでまだプレイしていないものもあるので、それをやってみようかと思ったのですが、残っているのは導入やプレイがそこそこ大変なものばかり。
操作もまだ思い出している途中なので、まずは簡単なものをやってみようということで…。

装備品MODで洞窟や遺跡などに入って取って来るものを入れてみました。

ついでに、「Red Headed Gang Quest and Girl Companion MOD」の「Cecilia」を連れて行くことにしました。
自キャラは帝都にいたので、「Cecilia」の住んでいる「Skingrad」まで馬で走ります。

…いきなり途中で遭遇した蜘蛛を退治してたらCTDしてしまいました。
その後も、しばらく進んだ先でCTD。
ああ、なにかあったらクイックセーブしないといけなかったな、と当時のプレイ感覚を思い出しつつ…。

というか、街道を走るとほんとカクカクしてしまいます。思わず3D酔いしそうになりました。
戦闘中もかなりカクカクに…よくまぁこれで400時間以上も遊んでいたものです。

「Skingrad」に到着して「Cecilia」と再会するも、睡眠MODの効果で睡眠が必要になっていたので、「Cecilia」の自宅の客室で寝かせてもらいました。
このあたりは微妙にロールプレイ的ですね…ちょっとアレな言い方をすると、「ごっこ遊び」的な。
まぁ、もともとローププレイングゲームというのは「ごっこ遊び」なわけですが…(テーブルトークRPGについてもいつか語ってみたいものです)。

起きると真夜中でした。吸血鬼が出掛けるにはちょうどいい時間帯です。「Cecilia」は普通の人間ですけどね。

今回は「TrueAyleidArmor」という装備品を取りにいくため、「Skingrad」から一路、まずは「Bravil」を目指します。
が、街道移動中に「Cecilia」がモンスターに反応しまくるしまくる。
山賊なんぞはもちろんのこと、川岸のカニにまで目ざとく反応して馬から降りてしまうのだから困ってしまう。
これがけっこうストレスに感じてしまいました。一人なら山賊なんかも無視して走ればいいのですが、コンパニオンが反応してしまうと置いていくわけにもいかない。ちょっと進んではモンスターと戦闘し、またちょっと進んでは…という按配。

Oblivion1854.jpg
道中。この真ん中に映ってる緑の服のおじさんはずっと同じ道を通ってたので、戦闘があるたびに参戦してくれてました。

ファストトラベルすればいいのでしょうが、それだとこのゲームの面白味が半分なくなるような気が…。
ただ、コンパニオン連れてる時は素直にファストトラベルした方がいい気もしてきました。
戦闘でも、誤爆が怖いので積極的に参加できなくなってしまうんですよね。一度誤爆しまくったら、「Cecilia」が怒って斬りかかってきましたし。

また、今回のアイテムがある遺跡は街道沿いにあるわけではないので、森の中も進んでいかねばなりません。
というか川を泳いで横断までしなきゃいけない。

Oblivion1855.jpg
コンパニオンて泳げたかな?と思いましたが、無事についてきました。

Oblivion1856.jpg
久々に遺跡探索…やはり探検こそが「OBLIVION」の最大の魅力ですな。

Oblivion1857.jpg
遺跡内部に入るといきなりアンデッドモンスターが!

ここからはやはりけっこう楽しかったです。
遺跡内はそれなりに広く、マップで見るとややこしいのですが、ルート的には楽に進めるように作られており、案外簡単に目的の棺までたどり着けました。

Oblivion1858.jpg
しかし途中に出るリッチに麻痺食らって危うかった。たまたま麻痺解除のポーション持ってたので使って復活しましたが、持ってなかったら5分くらい麻痺ってたんじゃなかろーか…。

Oblivion1859.jpg
遺跡内にはオークの冒険者パーティも…。

Oblivion1860.jpg
ボス的な敵キャラクターも倒して(装備アイテムだけでなく、モンスターたちも見事な配置がなされていました)、アイテムも入手してようやく街道へ。
思いのほか、「冒険」になりましてけっこう楽しめました。
ただ、ストーリーのあるクエストをプレイしたいと余計に思うことになりましたが…。

Oblivion1861.jpg
報酬?の装備品。エフェクトのかかった剣とかカッコイイ。

CTDも序盤に2回起こってからは街道でも起きませんでしたし、遺跡内部ではあまりカクカクすることもありませんでした。だからダンジョン内での探索が楽しいんですな…。

Oblivion1862.jpg
またそのうちMODクエストもやってみよう。
スポンサーサイト

装備をそろえよう

Oblivion715.jpg
「Cecilia」のために剣と防具を用意してやることに。
装備MODで何かいいのないかな、と探してみたのですが…。

素晴らしい造形の剣や鎧はいくつもあるものの、「Cecilia」に似合わないのみならず、「OBLIVION」の世界にも合わないようなものもけっこう…他のNPCたちと比べると、どうしても浮いてしまう。

いろいろ見て、「Cecilia」のイメージに合っているものを見繕い、MODを導入して取りにいくことにしました。

まずは移動の都合の関係で剣と盾から。
「Dragon Claw Sword And Shield」MODを導入、「帝都」から南にある「Fort Homestead」へ。

Oblivion716.jpg
なんか「Cecilia」が喋ってますが。

Oblivion718.jpg
砦の中へ。「地底人編」ではアリーナで優勝してもらった「Raiment of Valor」を着せていたのですが、いつまでも剣闘士の格好させておくのもね…。
というか壊れると脱いじゃうのね。

Oblivion717.jpg
砦の中はなぜか「Reaver」たちでいっぱい。壮絶な戦闘になりました。

Oblivion719.jpg
そして、「Damsels In Distress」の囚われの女性まで出現。
ここ、MODで追加された砦だと思ったんだけど、そういうとこにも出現するんかな~…。

Oblivion720.jpg
3人パーティーになって奥へ進み、ようやく見つけた「Dragon Claw Sword And Shield」。
しかし「Cecilia」に持たせるには少々ゴツ過ぎる感が(汗)。

Oblivion721.jpg
ちなみに「Damsels In Distress」の女性ですが、砦を出たらどこにもいないのでお礼を求めて探し回ったら、なぜか砦の2階部分に立っていました…。

次は鎧。「Cecilia」は「白」のイメージがあると思うので、白い鎧を着せることに。
「Pure Steel Armor」を導入しました。名称も「Cecilia」に合っているかと。
これは「Chorrol」の「Fire and Steel」で売っているので、お金払って購入。
剣と盾もセットでありました。

Oblivion722.jpg
なかなか似合う感じ。

Oblivion723.jpg
馬に乗った姿も凛々しく。

Oblivion724.jpg
ただ、重装の鎧はどうかという気もしたので、軽装の鎧も入手することに。

「UFF Blood Ice」を導入しました。
シックな色合いですがミニスカが可愛いですし、何よりFF体型用なのでうちの環境にもピッタリ。

Oblivion725.jpg
取りにいくため、「Bruma」近くの「Boreal Stone Cave」へ。

Oblivion726.jpg
奥へ進んでいくと、二つの宝箱と番人?が。

Oblivion728.jpg
この番人の「Sterva」がなかなか強敵…ってほどでもないですが、戦闘も楽しめるのはいいですね。

Oblivion727.jpg
「Cecilia」も新たな鎧のため張り切ってます。

Oblivion729.jpg
「Sterva」を撃破し、宝箱からゲッツした装備一式。
いろいろ種類がありまして、組み合わせも楽しめます。
Oblivion730.jpg
ストッキングが女の子っぽくてなかなかよろしい。
「OBLIVION」の世界観にも合っている一品ではないかと。

Oblivion731.jpg
今後クエストに「Cecilia」を連れていく時は、この二つの鎧を使い分けて着させようかと思ってます。
そうか、着せ替えの楽しみもあるのかコンパニオン…。

「小ネタ集」
「連続殺人犯の死」
Oblivion592.jpg
「帝都」周辺の街道で衛兵を殺しまくっていた「Eraamion」が、ついに「Wawnet Inn」前でお陀仏に…。
最近なぜかこの辺りに狼男が出るようになり、それと戦っていた「Eraamion」は続けて衛兵との戦闘にもなったのですが、何と杖を落としてしまった。
杖をなくした「Eraamion」は途端に逃げ腰になり、もう一人衛兵が助太刀で来てしまったことで絶体絶命、とうとう命を落とすことに…。

「朝来る吸血鬼」
ob526
朝方にヴァンパイアに襲われました。
なんか着てるものがすでに灰になってるような感じですが…。
そういえば「Clan Realu」忘れてたな~。

「高級ホテルの謎」
Oblivion647.jpg
「帝都」の「The Tiber Septim Hotel」の床になぜか人骨が落ちているのですが、「Dragon InvasionⅡ」の時に行ったら、人骨の上にさらに「SlaughterFifh」が…。
誰だこんなの置いてるの。

「空飛ぶ衛兵」
o590
衛兵が馬から降りる時にバグッたようで(プレイヤーキャラのバグと同じ)、降りた後にどんどん空へ昇っていきました。
…途中で落っこちてました。

「凶暴」
Oblivion619.jpg
戦闘中に誤爆したらしく、「Cecilia's White Horse」が襲い掛かってきました。
持ち主と同じで怒りっぽい性格のようです…。
一応不死属性ついてるようなので、気絶したら元に戻ります。

「復活!?」
Oblivion611.jpg
「Red Headed Gang」のクエストを遂行中、何と死んだはずの「Eraamion」を発見。
確かに帝都前で死んでたはずなのに…。

そういえば以前よく見かけていた冒険者4人パーティーは、最近全然見かけなくなりました。
無事でいるといいのですが…。

そしてとうとう「Shadowmare」と別れることに。
とある砦に入って出てきたところ、「Shadowmare」はどこにもいなくなっていた。
「Cecilia」の馬はいるのに何でいないんだ 「Shadowmare」…。
砦に入った時に外にクリーチャーが何匹かいたので、それを追いかけていったのかもしれない。
「Horse Commands Revamped」を外してから、凶暴になって手がつけられない状態だった。
辺りを探してもいないので、仕方なく「Chydinhal」へ行き、「Black Horse」を購入。
「Shadowmare」と違って不死属性は付いていませんが、よほどのことがない限りクリーチャーを攻撃したりはしないので、行方不明になることもあまりなかろうと。
以後、「Shadowmare」が砦に帰ったというメッセージは見てない。本当にどこへ行ったのだろう。
でも、きっと「Fort Farragut」にいることでしょう。おつかれさま 「Shadowmare」。

世の中不思議なことだらけ

ob446
たまってきた小ネタを放出。

「格闘技好き?」
ob437
メイジギルドの「Ramius Polus」ですが、意外と血生臭いのが好きらしい。こういうセリフを言う人とは
思わなかった。何かモデルになった人でもいるんかな。

「中の人?」
ob421
「Bruma」に立つプレイヤーキャラの像ですが…。
前に見た時とポーズが違うのに気づき、はて?と思ってじっと見てたら…。

ob443
コケた。

中身はハナ肇ですか…。
これ、「Bruma Guild Rebuild」を外したら元のポーズに戻ってたので「Bruma Guild Rebuild」の仕業なのかと思ったんですが、その後もこのコケを見せてくれたので、一体どのMODの仕業なのやら…もしやヴァニラで!?

「子分」
ob444
「Mended Flesf Atronach」を召還出来るようになってました。
一日一回だけですが、コイツ好きなので嬉しい。

「不気味悪い」
ob445
エルフのゾンビ。顔だけ真っ青。しかもゾンビ顔。お化け屋敷のチープなお面被った脅かし係みたいな…。

「ムサい」
ob447
「Bruma」のオッサン3人がテーブルで食事中。何とまぁムサいことよ。

「巨大クモ」
ob449
とんでもないデカさの「Black Widow Queen」。
名前はイカしてますが…これは蜘蛛嫌いな人には耐えられないだろうなぁ。

「Relian」
ob450
「Relian」がエエべべ着てました。多分、Seleneが売った鎧だと思います。
そういうこともあるのね。
「MMM」環境でもたくましく生きているようです。

「Rellian」
ob451
なんか裸のオッサンがいるな…と思ったら名前が「Rellian」だったのでビックリ。アンタいつの間にオッサンに…!?と思ったら「l」がひとつ多かった。
しかし、なんでこの人裸なんだろう…。

「ヴァンパイア」
ob454
「Crowded Cities」を入れると夜中に街中でヴァンパイアに襲われたりするのですが、このヴァンパイアは襲ってきたりせず、何と話しまで出来ました。
しかし、直後に殺し屋?が襲ってきたため周囲が戦闘騒ぎになり、巻き込まれたこのヴァンパイアは衛兵と戦って滅びてました。
L.I.P…。

「囚われの君」
ob477
「Mannimarco」が住んでる遺跡にいた、「Damsels In Distress」の女性。よくぞご無事で。

「その帰り道」
ob478
いつぞや紹介したことのあるアンデッドのエルフの騎士が、群れを成していました。さすがに手こずりました。エルフの墓場か何かかいな。

「帝都の中身」
ob486
帝都の外壁周辺を走ってたら、何と壁の中にめり込み、「中」に入ってしまった。
出口があるはずもなく、透明な壁に阻まれて外へ出られない有様。
「ドレイク」を呼べば空飛んで脱出は出来ますが、それだと「Shadowmare」が家に帰っていってしまう。
仕方ないのでロードし直しました…。

「別の世界」
ob487
街道走ってたらバグで道が抜けてるのに気づかず、馬ごと落っこちてしまった。
すると、青い世界をずっと落ちていった後、床の上に着地。
どうすべこりゃ?と思ったものの、ここでセーブし、ロードしてみると元の街道に戻ってました。

「赤い牛」
ob529
以前戦った赤い牛にまた会いました。
「Blood Minotaur」ってそのままな名前だったのね…。

「衛兵殺人事件」
ob488
「Eraamion」という、帝都周辺の街道を移動している魔術師がいるのですが、ある時帝都前の「Wawnet Inn」付近にいる際にクリーチャーとの戦闘に参加、そこで「Eraamion」と衛兵が喧嘩になってしまった。
この「Eraamion」はかなり強いようで、ディードラ系のクリーチャーを召還して遠方から魔法で攻撃、でアッサリと衛兵を倒せる実力者。
一人や二人くらいの衛兵に追いかけられても返り討ちにしてしまうので、どんどん罰金がかさんでいるらしい…。

で、コイツがまたも「Wawnet Inn」前で衛兵を殺しまくっていたのですが、なぜかそれに「釣りへ行こう」クエストで関係する「Aelwin Merowald」が参戦。
しかしただの老いた漁師の「Aelwin Merowald」は、衛兵に殴られて「Wawnet Inn」に逃げ込んだ。

ob489
すると、宿のおかみの「Nerussa」も戦闘に参加、衛兵を攻撃し出したので、「Nerussa」を死なせるわけにはいかないとSeleneで攻撃して衛兵の体力を減らしていったのですが、何とトドメを「Nerussa」が刺してしまった。すると、今度は店にいる「Damsels In Distress」MODクエスト関係者の「an old adventurer」が「Nerussa」を攻撃しだしてしまった。哀れで愚かな「Aelwin Merowald」はすでに店外へと逃げてる。
で、仕方ないので不死属性の「an old adventurer」を殺すと、むっくりと起き上がった「an old adventurer」はまた元いたテーブルへとついたのでした。

ちなみに、まだ「Eraamion」は元気に衛兵殺しを続けてます…。

SIサブクエスト

ob426
今回は小ネタと「SHIVERING ISLES」のサブクエストの感想など。

「曲芸師」
ob396
「Shivering Isles」にいる曲芸師の人。この人いろいろやりますね。
こういうモーションもあったりするんだなぁと感心しつつ、この人にしか使われてないのがもったいないという気も。

「野生の王国」
ob416
ライオンvsクモ。異種格闘タッグマッチ。

「立たされん坊」
ob417
「Shivering Isles」のとある橋で「Night of Order」が固まってました。
斬ってもピクリとも動きませんでした。
「SHIVERING ISLES」でこの状態になるのは珍しいというか、この時だけでした(エリアロード時のCTDもほとんど起きなかった)。

「衛兵vs旅人」
ob418
「Bravil」の門を出たところで、なぜか衛兵とMODで追加された旅人が戦ってました。旅人に肩入れしたんですが誤爆したらしく、衛兵を倒した後に襲い掛かってきたので、むなしさと共にリロードしました。

「岩にハマる馬」
ob419
街道を走り回っている新聞屋さんなんですが、岩に食い込んでハマッてました。
しかしすぐに脱出して、はるか彼方へ去っていきました。元気だ。

「空中浮遊」
ob420
馬を降りるモーションがおかしくなることが多発しまして、しかも降りるとこんな感じで宙に浮いてしまう。
まともにゲームできなくなるのですが、ロードし直すと正常に戻ります。
最近はあまり起こらなくなってますが…何が原因なのやら。

「惨殺現場」
ob422
「Crucible」の建物の屋上を走ってたら、まだ新しそうな死体を見つけました…。
屋上っていろんなものがありますね。

「エロ本」
ob423
「Crucible」のどこかの建物に付いてる階段の踊り場で、ついに見つけた「The Lusty Argonian Maid」。
ここの椅子には2人のNPCが座っていたのを確認。市民の隠れた憩いの場?

「キャンプ場」
ob428
「Shivering Isles」の各地にあるキャンプ場には、オッサンの魔術師がゴロゴロしてるようで…。
すぐクリーチャーを召還してくれるので敵がうじゃうじゃで忙しいです。
こっちは道を通りたいだけなのにぃ。

「また落ちた」
ob429
またも「Crucible」の地面の下に落ちてしまいました。
走ってて壁に激突すると、めり込んでしまって落ちてしまうようです…。

ob430
で、落ちたとこで見つけた「リペアハンマー」。誰かがここに落としたんでしょうか…。

「笑顔のままで」
ob431
「Everything In Its Place」クエストでの、「Kishashi」のステキな笑顔。
脳にこびりつきそうです。

「Big Head」
ob427
このアルゴニアンから「The Fork of Horripilation」というクエストを受けられるのですが、この人スリらしく、衛兵に殺されたりするそうで、私の場合も衛兵に斬られて門の前で死体になってました。
クエスト受けられないのでコンソールコマンドで蘇生させたのですが、なぜかクエストに関する話題が出てこない。
仕方ないので、「Shivering Isles」に入った直後のセーブデータをロードして、まだ死んでいない「Big Head」からクエストを受けてクリア。
最新のセーブデータには反映されませんが、クエストだけ出来ればいいか、という感じ。

「仲睦まじく」
ob432
「To Help A Hero」のクエスト。ほのぼのしてていいクエストですね。
しかし「Shivering Isles」に来てまで「Knights of the Thorn」団の話聞くとは思わなかった。
「MMM」のおかげで20vs3で戦って戦死したんだよなぁ、団長のあのダークエルフ…。

「いくらなんでもこれは」
ob433
「Ghosts of Vitharn」クエストで被らされる兜。兜で笑わすネタ多いですね…。

ob434
で、この兜を被って戦闘…なんかこう、虫っぽいんだ。触覚付いてるし。

また、クエストにバグがあったわけではないのですが、エフェクトがかかってる場所へいくと自キャラがハゲてしまいました。
移動すれば髪は元に戻るんですが…。
ただこのバグ、「Cyrodiil」に戻った後もけっこう頻繁に起こっているような?

「Work is Never Done」
アイテム集めクエスト。
いくつか「caliper」と「tong」を見つけて売り払いましたが、それでも全然足りないらしい。
帝都の樽や箱を探せばかなり見つかりそうですが、ただ単にアイテム集めるだけのクエストなので、コンソールコマンドで100個入手して売って完了させました。
もうちょっと何かイベントでもあれば良かったのに。
そういえばクエストを受けてからしばらく放置してたんですが、メインクエスト終了後に「Tove the Unrestful」がどこにも見つからず、コンソールコマンドで「Tove the Unrestful」のいる場所まで移動してみたら、その後普通に「Tove the Unrestful」が現れるようになった、ということが。

「The Antipodean Hammer」
これも一種のアイテム集めクエスト。装備アイテムにはあまり興味もないので、受けてもあまり意味なかったかも。
しかもこれ、「Bliss」と「Crucible」でひとつづつ受けられる上に、完了がありませんね?

「Brithaur」これもアイテム集め…抜け道はあるようですが。
必要な「Flawless Pearl」はランダムで出るようで苦労しましたが、他のクエストやってたら集まりました。
1個宮殿から盗んだものもありましたけどね。

「The Museum of Oddities」
これもアイテム集め。しかも、大半は宝箱からランダムで出る仕様。
集め切るにはどれくらい箱開けなきゃいけないんでしょうか…。
正直完了は諦めてます…。

「Ushnar's Terror」
これも「Ushnar」がどこにも見つからず、飼い犬も道端でウロウロしてるだけになっていました。
コンソールコマンドで移動してみてもどこにもおらず、蘇生も出来ない。
仕方ないので「Shivering Isles」に入った直後のセーブデータをロード、まだ健在だった時の「Ushnar」に会ってクエストを遂行しました。
こんなん多いな「SHIVERING ISLES」…。

「Hill of Suicides」
5つの頭蓋骨を見つけてくるクエストですが…「Bog-trotter」の頭蓋骨だけ、鉄柵の向こう側にあって入手できず。鉄柵をどうにかするんでしょうが、さっぱりわからなかった。
で、コンソールコマンドで壁を通り抜けられるようにして、鉄柵通り抜けて取りました。情けない…。

「Taxonomy of Obsession」
これも壮絶なアイテム集め。
25種類ものアイテムを集めねばならない。植物ですが。
最初に「Mirili Ulven」と会話した時に持っているアイテム渡したのですが、後どのアイテムを入手してないのかわからなくなってしまった。
で、リストと自分の所持品を見比べつつ、所有してないアイテムを集めにいって、渡してクリア。
「Rot Scale」だけわかりませんでしたが、これはすでに渡していたようなので改めて探す必要もありませんでした。
何でもひとつは取っておくものだ…。
で、植物の次はクリーチャー集め。
ちょっと攻撃して怒らせてから村までクリーチャーを引っ張ってこないといけないのですが、街道走ってると衛兵が攻撃して殺してしまうし、村に着いても「Mirili Ulven」が寝ていることもあるし、村にいるNPCが攻撃して殺してしまうこともあるしで、かなり大変でした。
コンソールで何度も蘇生させて「Mirili Ulven」に引き渡してたりして。
ちなみに、村の鉄柵の中にクリーチャーが集められる、ということはありませんでした。「Mirili Ulven」が殺したらそれっきり。なぜだ~。
また、「Oblivion Wiki」には1種類につき何匹も連れてこないといけないように書かれてありますが、1匹づつでちゃんと完了してました。
完了後に「Mirili Ulven」話し掛けると、またクリーチャーを連れてこないといけないのかも。

「Gaenor in Dementia」
「M.O.E」で追加された「Crucible」でのクエスト。妙な声のおかしな「Gaenor」がプレイヤーに絡んできます。
これが一番「SHIVERING ISLES」っぽいクエストのような気がするんですが間違ってますでしょーか。

ob435
いろいろありましたが、ひとまず「Shivering Isles」を後にすることに。
またそのうち、ダンジョン探索の時にでも訪れることにします。

「Clan Raelu」クエスト

「Shivering Isles」のメインクエストを進ませると、「M.O.E」の「Clan Raelu」を追放されてしまうため、先に「Clan Raelu」クエストを完了させることに。
久々に「Cyrodiil」に戻り、「Chorrol」へ。

しかし、やっぱり馬はいいですな。旅してる気がしますし。
道中での山賊たちとの戦いも楽しくこなしてクランまで到達。

クエストを受けようとすると、「一日待て」と。
最初の入団するための暗殺クエストと、その次の錬金術師のためのアイテム集めクエストは済ませてあったので、次は裏切り者の「Blackload」を始末するクエスト。
ob409

最初は「Blackload」がどこにいるのかサッパリわからず…「Raelu」のセリフから「Cheydinhal」にいるんだろうと思ったんですが、どこを探してもいないし…。
まさか街道?と思い、戻って洞窟なんぞを探ってみると、そこはヴァンパイアの巣窟。

ob413
「Spriggan」への言及が…あのタイプのクリーチャーたちはほんとに何者なんでしょうか。

ob414
見つかってヴァンパイアたちと戦闘へ。「Clan Raelu」とは無関係らしい。
でも「Blackload」はいませんでした。ここでもないのか…。

とりあえずヴァンパイアたちを殲滅してから、「Cheydinhal」へ戻り。
あの街には宿屋が2軒あるのを思い出したのです。
もう1軒の方へ行ってみると、いました「Blackload」。高い方を選ぶとは、こいつブルジョアなのか。

ob410
とりあえず口は悪いタイプのようです。
宿屋には客が多い時間だったようで、巻き込まないように客が少なくなるのを待ちます。
というか「Blackload」の行動パターンを見ておこうと思ったんですが、宿屋の1階をウロウロしてるだけでした。

ob415
監視してる時のSelene。こうして見ると吸血鬼っぽい。

吸血鬼2人以外はおかみだけになったところで、攻撃開始。
しかし「Blackload」は「Raelu」がしつこく「強い」と忠告してるだけあって、そこそこの強さ。

ob411
食らうと燃えてしまう剣を持っているあたり、クランからの刺客を恐れていたフシも伺えます。
で、なぜかおかみが「Blackload」に殴りかかってましたが、何とか余計な被害を出すこともなく「Blackload」を抹殺。

仕事を果たしてクランに戻ったのですが、次の依頼がない。
ネットで調べてみると…あぁ、「Clan Raelu」ってクエスト3つしかなかったのね…。
まぁ、これで心置きなくクランを追放されてもいいやって感じに。

ところで「Eren Raelu」の行動も調べてみたのですが、夜8時にベッドがらムクッと起き上がり、「Chorrol」の広場へ直行、そこで誰と会話するでもなくひたすらウロウロしまくり、朝方にクラン本部へ戻ってくる、という謎の行動を繰り返していました。

ob421
「Chorrol」で獲物を物色している、という設定なんですかね。

「バグ?」
ob412
クランメンバーの「Meena」ですが、ちゃんと自分のベッドがあるのになぜかプレイヤーキャラ用のベッドで寝てます…。

「裏切りの報い」
ob424
ある日テントの中で目覚めると、そこには「Clan Raelu」から送り込まれた暗殺者が…。

ob425
「裏切り」と言っても斬ったのは自分の影なんですけどね…。
ヴァンパイアスレイヤーみたいに何度も襲撃に来るのかと思ってたんですが、今のところこの一度だけ。
死体もかなり長い間テント内に転がってます。
いずれ、「Clan Raelu」には報復に行かねばならないでしょう。

そんなわけで「Clan Raelu」のクエストがたった3本だけだったというのは残念…さすがに制作が大変なのでしょうね…。
「M.O.E」には他にもいろいろクエストがあったはずなので、そのうち調べてやってみようと思っています。
どうも普通に暮らしているだけではクエストは発生しない模様…はてさて。
プロフィール

Lemmy360

Author:Lemmy360
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。